「小学生の驚くべき意見」
2015 / 01 / 24 ( Sat )
「小学生の驚くべき意見」

久しぶりに驚嘆する出来事がありました。

兄夫婦の小学生の子供が遊びに来たときに、一緒にお風呂に入っていたときの出来事です。

「学校は楽しい?」

「うん。楽しいよ!」

「最近興味あることは何かある?」

と訪ねたところ

意外な台詞が出ました。

「うーん。最近興味あるのはね・・・・ 消費税問題かなぁ。」

えぇ?!

正直驚きました。


学校で流行っている遊びなどの話題が出てくるものだと思い込んでいました。

小学校5年生です。

遊びたい盛りです。

以前から色々な物事に興味を持っている印象はあったのですが

まさか「政治・経済」の話が出るとは思いませんでした。

そこでもう少し踏み込んでみると

「じゃあさ 消費税の増税は賛成?反対?」

と訪ねると

消費税を上げることは賛成だけど、東北地方は上げないで欲しい。

「なぜ東北地方は消費税を上げない方が良いの?」

「東北は震災の影響があるから、みんなの負担が大きいからその地域だけは上げないで欲しい。」

もう本当に、驚きました。

その子は東北に住んでおり、震災の影響を受けています。

小学校には線量計を常に保持して生活している環境です。

それを考えても本当に驚きました。

単に賛成か反対だけでなく

なぜ賛成なのか、なぜその地域だけを上げないのかををしっかりと意見することが出来るのです。

しかも震災の影響を考えて、東北地方は増税を見送るという、大人顔負けの意見です。


私が小学校5年生の時は、ただただろくに勉強もせずに、サッカーボールを追いかける日々でした。

もちろん妖怪ウォッチやゲームも夢中になってやっている普通の子供ですが

読書や勉強も大好きであり好奇心を沢山持ち合わせています。

しかも両親は離婚の影響で片親。

おじいちゃんとお婆ちゃんの家で過ごす毎日。

お爺ちゃんとお婆ちゃんは農家でお米も作っているので、農業の知識は大人よりもとても詳しいのです。

なぜ消費税なのかと問うと、毎日NHKばっかりお爺ちゃんやお婆ちゃんが見ているからとのこと。

今だに消費税についてハッキリとした意見を持っていない大人達も沢山いると思いますが

既に小学校5年生でもしっかりとした意見を持っているという事実。


大人達はもっともっと日本の様々な問題に対して真剣に向き合い

特に「政治」や「経済」や「金融」についての知識を向上させるべきだと思い直しました。


子供は大人以上に敏感で、感受性が高く、好奇心も高い。

世の中から目をそらしてはいけません。

恥ずかしい大人にならないように、様々な知識を身につけていき

私達はもっと真剣に日本の将来についても考えて、勉強していくべきだと思いました。


-----------------------------------------------------------
「まったり資産運用」を応援頂ける方はポチッとクリックお願いします!
人気の投資ブログが読めます。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

-----------------------------------------------------------

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

19 : 35 : 17 | [政治・経済] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「消費税8%を実感してしまった」
2013 / 12 / 11 ( Wed )
「消費税8%を実感しました」

年齢も30代になりましたので、近い将来結婚が出来れば良いなと妄想しております。

先日ブライダルフェアにてプランナーの方に概算見積を提示頂きましたが

そこにさらりと

消費税8%

で計算されているのです。

そうです。

将来の消費ですので既に見積は8%なのです。

「がーん。」

と言っても仕方が無いですが。。

300万円の消費税8%は24万円です。

24万の消費税って高すぎでしょ。笑 泣

数ヶ月前迄なら15万で済んでいたのに。

9万円の差が出ます。

やっぱり大きいですね。消費税。

何か良い案があればご教授下さい。

やっぱり値切交渉しかないですかね~。
23 : 54 : 55 | [政治・経済] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「京都でも見ることのできない京都」
2013 / 10 / 19 ( Sat )
「京都でも見ることのできない京都」

東京国立博物館の平成館で行われている

京都展

へ行ってきました。

色々とCMもやっていますし混雑しているかなと思いましたが意外と空いていて良かったです。

感想は

本当に「京都でも見ることのできない京都」でした。

特に

当時の京都の町並みや文化を描いた 原本の「洛中洛外図屏風」

二条城のレプリカのふすま絵ではなく、原本の「二条城障壁画」

本物を見て本質を捕らえる。

色々な意味で勉強になりましたし、行って良かった特別展となりました。

日本の宝を見られることは本当に幸せですね。

そして同時に行われた3Dプロジェクトマッピング動画も凄い。

現代と過去

どちらも素晴らしい作品だと思います。

URL
http://www.ntv.co.jp/kyoto2013/

3Dプロジェクトマッピング
http://www.ntv.co.jp/kyoto2013/topics/2013/10/up.html

----開催概要----

この度、東京国立博物館、日本テレビ放送網、読売新聞社は2013年10月8日(火)より12月1日(日)まで、東京国立博物館平成館におきまして「特別展 京都-洛中洛外図と障壁画の美」を開催する運びとなりました。
戦国時代末期から江戸時代初期-織田信長、豊臣秀吉、徳川家康ら天下人が覇を唱えた時代の京都。本展覧会では当時そこに暮らした貴族、僧侶、武士、庶民、それぞれを象徴する場所として、御所、龍安寺、二条城、京の街を取り上げ、国宝や重要文化財などの優品と先進の技術を駆使した映像で再現します。
国宝、重要文化財に指定されている「洛中洛外図屏風」全7件、すべてを展示。 中でも当時の風俗を緻密に描いたことで知られる「洛中洛外図屏風 舟木本」を高精細画像で4×4メートルのスクリーン4 基に拡大投影し、その驚くほど繊細で精緻な表現に迫ります。
また龍安寺については、アメリカに渡った作品が初めての里帰りをするなど、散逸した襖絵18面が一堂に会します。 さらにテレビ局ならではの取り組みとして、龍安寺の石庭を先進の超高精細映像4Kで実写。幅約16メートルのスクリーンに投影し、四季の移ろいをご覧いただきます。
そして二条城からは、黒書院一の間、二の間の障壁画全69面と、二条城の象徴といえる大広間の「松鷹図」15面を展示。二条城を空間として壮大なスケールで再現します。
まさに「京都でも見ることのできない京都」を体感いただける、「特別展 京都―洛中洛外図と障壁画の美」にどうぞご期待ください。

-----------
21 : 09 : 18 | [政治・経済] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「消費税8%に増税決定」
2013 / 10 / 02 ( Wed )
「消費税8%に増税決定」

 2013年10月1日
 安倍首相は消費税を現在の5%から8%へ引き上げることを決定しました。

 色々と調べてみると

 月あたり5000円〜10,000円程度の負担増になるということが言えそうです。
 年額にすると10万円前後ということになります。

 
 年額10万円

 非常に大きいですね。

 年額10万円の収入を増やすか
 年額10万円節約するか

 
 のどちらかしか現状を維持する方法はありません。

 消費税はこのタイミングで上げるべきかどうかは誰もが分からない問題だと思います。

 でも過去の様々なツケがありますので、国民は負担しなければ、日本は危ない。

 税金は上がり、手当は下がる。
 
 それを前提に生活の計画を立てなければないません。

 その内の一環として、資産運用を行うのです。

 消費税より前にNISAが始まります。

 何もしない というのではなくて

 しっかりと何かできることは無いか情報収集をして

 対策を練って対応するべきだと思います。


 小さいことですが、無駄と思うことは削ってみようと思います。

 ・ペットボトルを買わない
  120円 x 1年間の飲みもの →28,800円


 以下も実施

 ・貯金または投資を増やす
  5000円x12ヶ月 → 60,000円


 今現在殆ど節約できるものはないので、

 やはり娯楽や飲食を削りたいと思います。

 自分への投資や資産運用への投資は特に変わらず続けたいと思います。


 
 
21 : 53 : 51 | [政治・経済] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「年収減・格差は何を生み出すのか」
2013 / 09 / 29 ( Sun )
「格差は何を生み出すのか」

時事通信社より引用

役員を除く正規従業員の平均は467万円(男性520万円、女性349万円)。
非正規は168万円(同225万円、同143万円)だった。同庁が正規、非正規を区別して調査するのは初めて。
同庁が抽出した企業約2万社で働く約29万人の給与から全体を推計した。
1989年の402万円と同水準で、ピークだった97年の467万円からは59万円減った。 

現在は1989年並の給与水準となり年々年収が減っています。

恐らく今後も減っていくのではないでしょうか。

日本はこれから消費税もあがり、社会保障費も増え、年金問題もあり、少子高齢社会という方向に向かっている中で

年収が減るというのは、非常に大きな問題だと思います。

日本の預貯金の殆どが50歳や60歳以上の方々保持しており

そのお金は次の世代には回らないまま、今の若い世代が社会保障や消費税の痛みを味わってしまう。

そのうちにどうしようもない亀裂が生まれ

もっと様々な問題が生まれるのではないでしょうか。

それに、正規・非正規などで、あまりにも年収の格差がありすぎます。

みんなが自分以外の周りのことに目を向けられず、自分のことだけしか考えられない世の中になっています。


10年後、50年後、100年後の日本はどうなっているのでしょうか。

自分のことだけでも色々と悩みはありますが

先進国が幸せとは限らないのかもしれません。
00 : 47 : 39 | [政治・経済] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>