「投資環境が少しづつ良くなってきている理由」
2016 / 10 / 24 ( Mon )
「投資環境が少しづつ良くなってきている理由」

みなさまお久しぶりです。

出張で関西方面に来ております。

本州と淡路島を結ぶ明石海峡大橋は本当に美しく、日本の素晴らしい景観の1つですね。

awaji.jpg


夏休みも兼ねた出張のため、ゆっくりしたり、仕事をしたり過ごしたいと思います。

出張先でも不便なく仕事が出来るので、最近は完全にノマドワーカーに近いような気がしております。

ところでここ最近は投資環境が少しづつ整ってきているようです。

その理由はこちらの2点

・個人型確定拠出年金の拡大

・インデックスファンドの低コスト化

特に個人型確定拠出年金は確実に税金を節税できるスキームであるので

利用出来る方は利用した方が良いと思います。

年金対策としては必須となるべく仕組です。

あと、既に企業型確定拠出年金に加入している人にも拡大が適用されます。

ただし私が会社内の担当者に確認したところ、企業型確定拠出年金に加入している場合

会社の制度として対応可能としないと拡大枠を利用出来ないとのこと。

国は進めているけど企業が対応しないのだけは勘弁してほしいと思っております。

インデックスファンドもコストがかなり下がってきているので、もうコストがうんぬんの時代では無い気がしております。

以前は1%以下が推奨と思っておりましたが、既に0.5%以下のインデックスファンドが多く

ETFと比較してもコストが遜色ないような状態になってきており、インデックスファンドの方が積立もあるので扱いやすいと思っております。

今後はちょこちょこ更新していくつもりです。笑

ではでは。


-----------------------------------------------------------
「まったり資産運用」を応援頂ける方はポチッとクリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

-----------------------------------------------------------
15 : 56 : 46 | [確定拠出年金] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「老後のために知っておきたい大事な法律改正案」
2015 / 04 / 13 ( Mon )
「老後のために知っておきたい大事な法律改正案」

NISAよりも美味しい確定拠出年金の話です。

厚生労働省のにて確定拠出年金法等の一部を改正する法律案(平成27年4月3日提出)が提出されました。

さっそく中身を確認してみましょう。

個人的に気になっているのは

「個人型DCの加入可能範囲の拡大」

労働の多様化が進む中、生涯にわたって継続的に老後に向けた自助努力を可能とするため、個人型DCについて、第3号被保険者や企業年金加入者※、公務員等共済加入者を加入可能とする。
※企業型DC加入者については規約に定めた場合に限る。

これまで第3号被保険者や企業型DCに加入している方々では個人型DCへの加入が認められていませんでした。

企業型DCの制限部分が気になりますが、全体的には柔軟かつ適用範囲が拡大することは喜ばしいと思います。

NISAや確定拠出年金は将来の資産に関わる大きなポイントです。

必ず情報を常におさえて、このブログにも展開したいと思います。

-----------------------------------------------------------
「まったり資産運用」を応援頂ける方はポチッとクリックお願いします!
人気の投資ブログが読めます。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

-----------------------------------------------------------

テーマ:投資・資産運用とくとく情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

20 : 03 : 17 | [確定拠出年金] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「確定拠出年金が見直しへ」
2014 / 12 / 26 ( Fri )
「確定拠出年金が見直しへ」

様々な課題が存在する確定拠出年金の改正に関するニュースがありました。

こちらの毎日新聞の記事となります。

 企業年金の主な見直し案

・中小企業向けに「簡易型確定拠出年金」を創設

・主婦や公務員、企業年金のある会社の従業員も個人型確定拠出年金への加入を可能に

・掛け金の上限を「定額」から「給与の定率」に

・転職時の資産の持ち運びを自由に

・受給開始年齢を「65歳」に統一したうえで、60歳からの受給も可能に



私達の老後の生活の柱が現役世代でも「老齢年金」であることに変わりはありません。

ただ、公的年金は給付カットが進められており、

将来厚生年金は2割減、基礎年金は3割減となる見通し。

となっています。

さらっと書いてありますが、不通に考えると、\(・_・) オイオイまじかー! と思いますね。

両方足すと5割減なので、ホントに将来の年金総定額は当てにならないなと感じます。

そこで役に立つのは確定拠出年金です。

20141225.jpg

確定拠出年金の最大の武器は

掛け金がそのまま「所得控除」となる点です。

つまり自分の所得を下げられるので、それだけ税金が安くなります。

世の中的には確定拠出年金について興味の持つ方が少ないのですが

自分が年を取ったときに勉強をし始めても、もう遅いのが確定拠出年金なわけであり

今から情報収集しておくことは良いことだと思っています。

まぁでも思うのでは、会社の企業年金あるなしで制度が違うとかじゃなくて、

もっと分かりやすいフラットな制度になりませんかねー。


-----------------------------------------------------------
「まったり資産運用」を応援頂ける方はポチッとクリックお願いします!
人気の投資ブログが読めます。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

-----------------------------------------------------------

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

00 : 17 : 49 | [確定拠出年金] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「確定拠出年金の制度が変わります」
2014 / 11 / 29 ( Sat )
「確定拠出年金の制度が変わります」

会社の退職金制度に変更が発生するということで、説明会に参加しました。

少し前置きになりますが

会社の退職金制度は5年ほど前に大きな変更がありました。

確定給付年金(DB)制度が

確定拠出年金(DC)に変更されるというものでした。

DBはDefined Benefitの略 → 退職金が確定している

DCはDefined Contributionの略 → 退職金のための毎月の拠出金が確定している

意外と英語の方がイメージがつきやすいですね。

DCは拠出額だけが決まっている為

あとはそのお金を定期預金するなり投資信託を購入するなりあなたのお好きにしなさい。

という制度になりまして

会社にとっては従業員の将来の退職金をずっと先まで確保しておかなければならないリスクが減り

もらう方も毎月予め拠出としてもらってしまうので、会社が潰れても影響がないというメリットがあります。

私の退職金は、過去にDBで積み立てていた分もある為

確定拠出年金(DC)と確定給付年金(DB)の両方(ハイブリッド)という方法でした。


dc201412.jpg



で・・・ 何が変わるかというと



現在確定拠出年金の月額拠出限度額が25,500円である。

法改正に伴い月額拠出限度額が27,500円に変更とのこと。

国の制度変更ですので、このページを見ている皆さんも対象である可能性がありますので
是非みてみて下さい。この辺りに詳しく載っています。

「みずほ DCNews 企業型確定拠出年金の拠出限度額の引き上げについて 」

私の場合は

年収 x 7% ÷12が毎月の退職金として計算され、その金額がDCとDBに分かれるそうです。
例として年収が600万であれば月額35,000円が会社から拠出され

27,500円がDCへ

残りの7,500円がDBへ積み立てられます。

会社拠出額の総額に変更はありません。

ここからは会社の制度かもしれませんが

DBは15年未満の勤続なら一時金受取。

15年以上なら一時金または年金としてどちらも選択できるとのこと。

月額2,000円の差なので、年額24,000円が新たにDCに拠出できる事になります。

今回は27,500迄だが、仮に30,000円に変更となったとしても、同意書にサインすれば合意したことになるとのこと。

合意には組合の三分の二以上の同意が必要であり、一生懸命人事の方が説明会を行っていました。

ここからはもう少し深いところなのですが

確定拠出年金は、会社にとっては損金扱い出来きるので

拠出限度の金額が大きすぎると、会社の税金対策に使われてしまうそうです。

なので限度額が大幅には上げられず、色々と政治的な理由も多いみたいですね。

日本は欧米諸国と比較すると拠出限度額が小さめに設定されているので、今後も拠出限度額が拡大する可能性があるとのこと。

私のところでは、DBの利息は下限2%で上限4%で設定されているそうです。

20年国債の利息が最低2%だそうで、2%は保証されていることになりますが

4%という上限値もありますので、上限があるというデメリットもあるわけです。

2%の利息が確定しているなんて、素晴らしい国債だなと。(個人では買えないんでしょうけど・・)

ふむふむなるほど奥が深いなぁと思って聞いておりました。

これまで25,500の内訳で日本国債も入れていたのですが

既にDBでは日本国債で積み上がっていることと、税金が掛からないメリットを考えると

DCではしばらくの間は日本国債なんて入れなくて良いんじゃないかと感じました。

確定拠出年金

利用されている皆さんのポートフォリオなどを、拝聴してみたいものだと感じた1日でした。

-----------------------------------------------------------
「まったり資産運用」を応援頂ける方はポチッとクリックお願いします!
人気の投資ブログが読めます。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 投資信託

-----------------------------------------------------------

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

23 : 57 : 28 | [確定拠出年金] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「確定拠出年金DC 2014年5月の資産運用状況」
2014 / 05 / 24 ( Sat )
「確定拠出年金DC 2014年5月の資産運用状況」

とても気持ちの良い季節となってきましたね。

5月晴れという言葉があるとおり、晴れるときはとても気持ちいいですね!

確定拠出年金の資産運用状況をチェックしました。

確定拠出年金もMyポートフォリオになるべく沿うように、スイッチングと配分変更を実施しました。

・資産運用状況
dc20140524.jpg


・ポートフォリオ
dc20140524_2.jpg

ちゃんと先日指示したスイッチングと配分変更が適用されていました!

確定拠出年金は老後の年金に充てられますので、途中口座から引き落とすことが出来ないのが確定拠出年金のメリットでもありデメリットでもあります。

私は主に先進国株式と新興国株式と国内債券を3本柱としています。

外国債券と日本株式も分散投資の為に配分していますが、少なめの比率です。

リバランスは1年に1回実施すれば良いかなと思います。

確定拠出年金こそ、じっくりと長期投資が可能で有効な方法なので

利用出来る方は必ず活用する事をオススメします。


-----------------------------------------------------------
「まったり資産運用」を応援頂ける方はポチッとクリックお願いします!
人気の投資ブログが読めます。


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村


株式長期投資 ブログランキングへ
-----------------------------------------------------------
11 : 37 : 22 | [確定拠出年金] | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
| ホーム | 次のページ>>