NISA複数口座容認!?
2013 / 07 / 29 ( Mon )
NISA複数口座容認!?

本日の産経新聞にて前向きな記事ありました。

まとめると以下の通り。

金融庁は、「少額投資非課税制度」(NISA)の普及を後押しするための制度改正の検討

★ 1人につき1口座に限定されているNISA専用口座を、複数の金融機関で開くこと

★ 国債などの公社債や公社債投資信託も加える方向

複数口座の容認は27年、国債などの追加は28年の実施を目指す。

仮に27年(2015年)から始まるとすれば、口座をどこで開設するなどを考えなくても良いですしね。

そもそも「貯蓄から投資へ」を実現する為に、様々な制限事項を設けたのか

そんな論議が早くも出ていることが、今回の背景を生んだのかもしれません。

始まる前から制度改革が出るのも変な感じがしますが、個人投資家にとっては良い方向で良かったと思います。
12 : 36 : 21 | [NISA] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
NISAの背景 日本政府は貯蓄を推奨していない
2013 / 07 / 28 ( Sun )
「貯蓄から投資へ
NISAの背景 日本政府は貯蓄を推奨していない!


政府は少額投資非課税制度(愛称:NISA)という新たな切り札で本格的な「貯蓄から投資へ」の時代に向けて取り組み始めました。

年間100万円までの投資から生じる譲渡益や配当を5年間非課税とします。

日銀の「資金循環」統計によると、12年末の家計の金融資産は1547兆円。

その内訳は預金が51%と過半を占め、株式と投信は4%。

海外の家計はどうでしょうか。

同じ日銀の統計で、米国は株式・出資金が3割超 投信は1割強。

ユーロ圏は低いが株式・出資金は15%近く。

米国とユーロ圏は現預金の比率がそれぞれ14%、35%と低く、日本の異質さ強調文が際立ちます。


もう少し一般的な日本人について理解しましょう。

私達のお金は銀行に預けられた後、基本的に企業等に貸し出されています。

では企業への融資が100%なのか?

そうではありません。

家計が金融機関に預けているおカネは約800兆円ですが、企業への貸出に向かうのではなく、国債購入にもかなり回っています。

例として、Aさんが銀行へ100万円預けます。銀行は50万円を企業へ融資し、50万円日本国債を買ったりしているわけです。

融資と国債から得た利益の一部を預金の利息として私達は受け取っています。

そうであれば、50万円は銀行預金し、50万円は銀行を通さずに日本国債(例えば個人向け国債等)を購入した方が

得られる利益が「お得」になります。

つまり

企業がおカネを借りて、設備に投資し、雇用を増やさないことには経済は強くならない。

家計→金融機関→企業と流れるおカネのルートが目詰まりを起こしているので、

家計から証券市場を通じて、企業に直接流すパイプを太くする政策を国は模索しています。

また、家計にも投資と向き合わざるを得ない事情があります。

60歳時点の平均余命は男性22.70歳、女性28.12歳。長生きは幸せなことだが、長生きすることにより、老後資金が必要です。

日銀の調査では、老後の生活が心配と答えた世帯は8割強に上ります。

預金だけで、本当に将来の資金は足りるのでしょうか?

足りないと思うから皆さん不安なんですよね?

足りないと思うから、政府はNISAを用意しているのです。

だったらまずは一歩前に踏み出すことが大事です。

もちろん投資には元本割れというリスクがあります。

自らの人生設計に合わせた資産をつくるための「金融知力」を高め、

自分のための投資をこの機会に始めてみませんか?


※本記事の一部は資産形成応援プロジェクトより引用しています。
http://ps.nikkei.co.jp/shisankeisei/index.html
---------------------------------------------
人気の資産運用のブログが読めます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
22 : 55 : 01 | [NISA] | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
「NISAの背景 なぜ貯蓄だけではダメなのか?」
2013 / 07 / 24 ( Wed )
NISAの背景 なぜ貯蓄だけではダメなのか?

少額投資非課税制度(NISA、ニーサ)について簡単にまとめてみたいと思います。
 
証券口座に置いてあるあなたのお金が増えたら、増えたお金に掛かる税金がなんと非課税となるお得な制度が始まります

簡単に言うとはNISAとはそういう制度です。

投資に「悪い」イメージがあって、投資商品を買うことに、一歩踏み出していない方もいらっしゃるかもしれません。

しかし

投資をしないと安定した家庭を気づくことが難しくなってきています。

日本は既に、貯金だけで十分な生活が難しくなってきています。

その為、少額投資非課税制度(NISA、ニーサ) という中長期的な投資の制度を作ったので利用して下さいね!

という事を 日本政府 が支援して行っているのです。

※短期的な投資はリスクが高く、投資では無く投機に近いのでこの制度には合っていません。

知っていますか?

銀行口座にお金を預金していると、少なーーーい利子がつきますよね?

仮に0.01%の利子が付く口座に100万円置いておいた場合、1年間で100円の利子が付きます。

そんなこと知っている! 皆さんそう言うでしょう。

じゃあその利子100円はそのまま貰えるのか?

違います。

実際は利子100円に対して20%の税金が掛かり、受け取れるのは80円になります。

100万円を1年間預けても受取の利子は80円か。。

トホホ・・・

これが今の日本の現状なのです。

せっかく貯蓄したお金が昔のようにまったく増えません。

一時的な預貯金を除き、金融資産を全く保有していない2人以上世帯の割合は

1972年の3.2%から2012年には26%

個々の家庭の資産形成を支援していく政策は大変重要です。

預金に対する課税はかけたままだけど、

投資してくれたお金の利益に対して非課税にしちゃおうか!! 

という制度が2014年からなんと始まるのです。


これまでの課題をNISAで何とかするか!!

という日本の制度改革が始まりました。

まったりと後日に続く
23 : 46 : 28 | [NISA] | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
「貯蓄から投資へ」 NISAとは?
2013 / 07 / 23 ( Tue )
「貯蓄から投資へ」

2014年1月から少額投資非課税制度(NISA、ニーサ)がスタートする。

政府は本格的な「貯蓄から投資へ」の時代に向けて取り組み始めた。

まったり資産運用では、今なぜNISAというものが話題なのか

明日以降で数回に分けて、自分なりに分かりやすくまとめてみたいと思います。
23 : 28 : 56 | [NISA] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
投資コンテスト「ポートフォリオの達人」結果
2013 / 07 / 21 ( Sun )
三菱UFJ投信主催の投資コンテスト

「ポートフォリオの達人


結果発表!

もし参加された方がいましたら

みなさんは如何でしたでしょうか?

私のポートフォリオは

ファンド名 投資額 割合
■ eMAXIS TOPIXインデックス 20千円 20%
■ eMAXIS 国内リートインデックス 20千円 20%
■ eMAXIS 先進国株式インデックス 20千円 20%
■ eMAXIS 先進国リートインデックス 20千円 20%
■ eMAXIS 新興国株式インデックス 20千円 20%

タイプ「積極型」

259位 のぼりさん

つまらないポートフォリオと結果ですね。

結果も中途半端ですね。笑


「積極型」1位のポートフォリオですが

スーサンさん

ファンド名 投資額 割合
■ eMAXIS TOPIXインデックス 70千円 70%
■ eMAXIS 先進国株式インデックス 10千円 10%
■ eMAXIS 先進国債券インデックス 20千円 20%

TOPIXが評価額を大きく伸ばしたようで、

もしかしたらご本人もビックリ?だったかもしれません。

やっぱり何が伸びるか分からないですね。


キャンペーン詳細はこちら
http://contest.muam.jp/index.html
20 : 50 : 04 | ★[資産運用] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「自民党」という看板だけで当選するのでは
2013 / 07 / 21 ( Sun )
「自民党」という看板だけで当選するのでは?

産経新聞より引用

【参院選】自公70議席以上が確実、「ねじれ」解消へ
参院選は21日夜、投票が締め切られ、自民、公明両党が改選121議席のうち70議席以上を獲得するのが確実となった。与党は非改選の59議席を含め、参院で過半数(122)を超え、衆参両院の「ねじれ」が解消することになる。


自民党が衆議院選挙に引き続き自民党が圧勝の様です。

いつも思うのですが、日本の選挙は怖いですね。

なにかあればすぐひっくり返ってしまうこの制度。

「ダメ」というレッテルがXX党にを貼られると、殆どの選挙区で次勝てない。

人間的にどうこう

というよりも

どこに所属しているか?

で選挙結果が決まる気がします。


「ねじれ」が解消することは政権を握っている政党がどんどん政策を進められるという良い面もありますが

「ねじれ」が無い事もリスクがあります。

これは資産運用にも当てはまると思います。

日本株だけもっていればいい

外国株だけもっていればいい

ではリスクが大きいです。

「ねじれ」が無いということは、バランスが崩れる可能性もあります。

また、この結果が明日の株価や為替にどの様に影響するのかを見守りたいと思います。

20 : 28 : 25 | [政治・経済] | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
リーマンショックは最高のプレゼントだった
2013 / 07 / 18 ( Thu )
リーマンショックは最高のプレゼントだった。

リーマン・ショック(Lehman Shock)とは
2008年9月15日に、アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻した出来事を、
これが世界的金融危機(世界同時不況)の大きな引き金となったことに照らして呼ぶ表現。

日経平均株価も大暴落を起こし、9月12日(金)の終値は12214円だったが、
強調文10月28日には一時は6000円台(6994.90円)まで下落し、1982年10月以来26年ぶりの安値を記録した。


今の株式相場、為替相場を見てみましょう。


日経平均 14,808.50 +193.46(+1.32) 07/18
NYダウ 15,510.50 +39.98(+0.26) 22:33
ドル円     100.23     +0.67(+0.67) 22:33


100年に1度と言われた不況はどこへ?

日経平均6000円台なんて、なんて安いのでしょうか!

たらればですが、この時に500万円をETFに投資していたら・・・ 1,000万円を軽く越えています。

実際にその状況で投資できた人は皆無に等しいと思いますが

世の中の経済が恐ろしい状況になっている状態で

コツコツと投資できている方。

チャンスだと思って投資した方。

そう言った行動がリターンとして返ってくるのです。


長期投資は世の中が良かろうが悪かろうがコツコツ投資をすることで

結果的にリターンとして返ってくる。

地球規模で考えれば人口は増えるし新興国も伸びる。

投資は最大のチャンスなのです。

30年後のコツコツ投資が楽しみで仕方有りません。

23 : 15 : 38 | ★[資産運用] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日本経済新聞に素晴らしいコーナー
2013 / 07 / 17 ( Wed )
日本経済新聞に素晴らしいコーナーがあります。

http://www.nikkei.com/money/index.aspx

日経のマネーのコーナーです。

貯金・投資・保険・年金・税など

生活に関わる情報が沢山記載されています。

ここの記事を1日1個読むだけで

きっと良いことが沢山増えます。

インターネットには様々な情報がありますが

惑わされずに質の良いサイトを自分で見つけておく


これが大事なポイントです。
14 : 22 : 37 | ★[資産運用] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
横須賀の「ドル祭り」は資産運用への第一歩かもしれない。
2013 / 07 / 12 ( Fri )
皆様お久しぶりで御座います。

まったり更新の「まったり資産運用」です。

アメリカ9日間一人旅からは無事に帰国しました。

途中パスポートを無くすハプニングはありましたが・・・笑

帰国後に資産運用で感じたことは

旅行期間中にもお金が働いてくれてたということ!

株高と円安が進んだ影響により、アメリカ旅行の飛行機代とホテル代の評価額は向上していました。

もちろんリスクとしてはその逆もあるわけですが、そうやって自分の資産が単なる貯金ではなく

世の中にとって意味のある使われ方をしているということに意義があります。



今日の話題ですが、興味の惹かれるニュースがありました。

神奈川新聞の記事より引用

「ドル旅」反響上々 横須賀基地周辺の店巡り、支払いで海外旅行気分

アメリカ文化の雰囲気が漂う横須賀市の米海軍横須賀基地周辺の店で、米ドル紙幣を使って買い物や飲食を楽しめる初企画「夏の横須賀ドル旅まつり」が上々の滑り出しだ。1日から2カ月間の日程で始まったが、市外からもドル紙幣を手にした観光客が訪れるなど、早くも反響を呼んでいる。

米軍の基地がある横須賀では「ドル旅祭り」というお祭りがあるそうです。

一見意味があるのか?と思うかもしれませんが、これって結構面白いと思います。

日本にいながら、日本の買物で、為替の影響が一番実感できるためです。

つまり

買い物時よりも「円高」でドルに両替していた人にとってはお得感!

買い物時よりも「円安」でドルに両替していた人にとっては割高感!

が発生します。

当たり前の事ですが、普段から日本でこのような買い物が出来ると仮定した場合

日本人に欠けている「為替」という知識が当たり前のように気づく事が出来ますし

日本円だけ持っている事に対するリスクに一番気づけるからです。


その結果、

為替に対する考え方が身につき資産運用に結びつくことが出来るかもしれません。






13 : 54 : 19 | ★[資産運用] | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
| ホーム |