「年収減・格差は何を生み出すのか」
2013 / 09 / 29 ( Sun )
「格差は何を生み出すのか」

時事通信社より引用

役員を除く正規従業員の平均は467万円(男性520万円、女性349万円)。
非正規は168万円(同225万円、同143万円)だった。同庁が正規、非正規を区別して調査するのは初めて。
同庁が抽出した企業約2万社で働く約29万人の給与から全体を推計した。
1989年の402万円と同水準で、ピークだった97年の467万円からは59万円減った。 

現在は1989年並の給与水準となり年々年収が減っています。

恐らく今後も減っていくのではないでしょうか。

日本はこれから消費税もあがり、社会保障費も増え、年金問題もあり、少子高齢社会という方向に向かっている中で

年収が減るというのは、非常に大きな問題だと思います。

日本の預貯金の殆どが50歳や60歳以上の方々保持しており

そのお金は次の世代には回らないまま、今の若い世代が社会保障や消費税の痛みを味わってしまう。

そのうちにどうしようもない亀裂が生まれ

もっと様々な問題が生まれるのではないでしょうか。

それに、正規・非正規などで、あまりにも年収の格差がありすぎます。

みんなが自分以外の周りのことに目を向けられず、自分のことだけしか考えられない世の中になっています。


10年後、50年後、100年後の日本はどうなっているのでしょうか。

自分のことだけでも色々と悩みはありますが

先進国が幸せとは限らないのかもしれません。
00 : 47 : 39 | [政治・経済] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
個人向け利付国債(変動10年)第44回を購入
2013 / 09 / 23 ( Mon )
「個人向け利付国債(変動10年)第44回を購入」

初めて個人向け利付き国債を購入してみました。

マイポートフォリオの25%は 個人向け利付国債(変動10年) としておりましたので

一気にポートフォリオの25%分を購入です。

利息は変動で元本保証がありますので、投資信託の様に積立投資はしません。

ささいなリターンですが、銀行口座に置いておくよりはずっとずっと利息が良いのと

日本国のために直接投資という大義名分(笑)になりますしね。

消費税を3%に引き上げるのなら、国債も3%位引き上げてくれないかなぁ。。
19 : 26 : 28 | ★[資産運用] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「マイポートフォリオ」を ほぼ 固めました。
2013 / 09 / 23 ( Mon )
「マイポートフォリオ」を ほぼ 固めました。

先日アセットアロケーションを初めて作ってみましたが
今回はポートフォリオを作成しました。


当初の予定と殆ど変わりませんが、基本的にインデックスを中心に組んでいます。
ただし日本株式は将来的な利益が日経平均だけでは伸び悩む可能性もあり
ひふみプラスを組み込んで少し積極的な銘柄も組み込みました。
その他としては新興国株式や新興国債券、国内外のREITやゴールドも入れ込んでいます。

購入手数料はノーロード
平均信託報酬は0.60%


としてコストを全体的に抑えつつ、リターンを狙いに行くポートフォリオです。

asset201309.jpg


債券はNISAの対象ではないので、直ぐ購入しますが
株式は来年から購入するべきかどうか悩んでおります。
19 : 22 : 08 | [My資産運用規定] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「資産運用規定」を作成してみました
2013 / 09 / 16 ( Mon )
「資産運用規定」を作成してみました

初めて資産運用規定というものを作成してみました。
なかなか難しいですね。
Ver1.0にして少しづつでも開始をしたいと思います。
アセットアロケーションに答えはないと言いますが
答えがないからこそ、ずっと考えちゃって堂々巡りです。。
難しいですねぇ。。

「資産運用規定」Ver0.1

●第1章「目的」・「目標」

-------資産運用の目的-------
☆将来必要な資産形成
☆資産運用の知識向上
☆投資を通した世界経済への貢献

-------目標利率-------
・3~4%を目標利率とする。
※信託報酬等を差し引いた後の利率

●第2章 資産運用方針

-------資産分割-------
安全資産・コア運用資産・サテライト運用
4分割として資産運用を実施する。

短期資産:生活資産・予備資産:40% 
中期資産:中期的に売買を実施して積極的に増やす為の資産 NISAを活用:30%
長期資産:長期投信による長期資産:30%
老後資産:企業型確定拠出年金(DC):本規定には現時点で含めない。

-------投資方針-------
・分散投資:投資対象を複数保有することによりリスク分散を行う。
・長期投資:10年以上保有可能と見込まれるファンドに投資を行う。
・積立投資:高値掴みを避けるためにドルコスト平均法による時間分散を行う。
・低コ投資:購入手数料0%。信託報酬は1%以下の低コストのファンドを選択する。
・逆張投資:投資ファンドが10%以上低下した場合は逆張投資を検討する。
 ※2014年以降はNISA口座を利用した投資とする。

-------許容リスク-------
・価格リスク:価格変動の影響
・金利リスク:債券価格が変動するリスク。市場金利が上昇すると債券価格は下がる
・為替リスク:外貨建資産を保有するリスク。
・カントリーリスク:国のデフォルトや政治経済などのリスク
・信用リスク:企業や国が破綻するリスク
・流動性リスク:換金性のリスク

-------ファンドを選択する方針-------。
・中長期投資を目的としたファンドを選択する。
・投資対象は株式・債券・REIT・コモディティを基本とする。
・追加型(オープン)商品を選択。
・共感及び理解可能なファンドを選択する。
・分配金を再投資出来るファンドを選択する。
・インデックスファンドを基本とし、必要に応じアクティブファンドを組合わせる。
・アクティブファンドは30億円以上を選択。
・運用資産流入が長期的に持続可能なファンドを選択する。
・債券国債及び社債を対象都市、最低格付はBBB以上とする。

-------世界恐慌時の対処-------
・相場環境が低迷時には資産運用のチャンスと捕らえる。
・円安に備える為に為替リスクが存在するファンドを40%以上保有する。
・許容リスクは評価額マイナス30%を基本とする。

●第3章 アセットアロケーションとポートフォリオ

------アセットアロケーション(目標)------
※中期資産のアセットアロケーション

main1201309main.jpg


main1201309_2.jpg

このアセットアロケーション及び以下のポートフォリオは中期的資産のアロケーションとなります。

中期的資産に含まれない資産としては

短期的資産である現金が40%を占めています。
長期的資産でセゾンバンガードグローバルバランスファンドにて毎月積み立てています。

セゾンバンガードには日本株式及び日本債券の割合が低く、為替リスクが80%前後あったと思います。
その為中期的資産は日本株式や債券を入れ込み、かつREITやゴールドなどにも分散投資を行い
全体を通して様々な商品にバランスをするように考えてみました。
まずはこれで始めてみようと思います。

------ポートフォリオ------
※中期資産のポートフォリオ

ポートフォリオは以下を検討していますが、まだ未確定状態です。

------日本株式------
ひふみプラス 
SMT TOPIXインデックス・オープン

------先進国株式------
SMT グローバル株式インデックス・オープン

------新興国株式------
eMAXIS 新興国株式インデックス

------日本債券------
個人向け国債

------先進国債券------
SMT グローバル債券インデックス・オープン

------新興国債券------
SMT 新興国債券インデックス・オープン

------国内REIT------
SMT J-REITインデックス・オープン

------外国REIT------
SMT グローバルREITインデックス・オープン

------コモディティ------
マネックス・ゴールド

●第6章 リバランス
リスクマネージメントの観点から半年に1度のリバランスを行います。
リバランスを行いすぎると効果的なリターンが見込めない可能性がある。

●第7章 予備金・応援投資・投機的売買
------予備資金------
予備金は短期資産及び証券会社のMRF(マネーリザーブファンド)として確保する。
持ち家・保険・自社株・へそくり等は資産運用対象には含めない。

------応援投資------
経済情勢の不安定化等の要因により投資対象ファンドが基準価格より低下した場合
短期資産及び証券会社のMRFから逆張投資を検討する。
評価価額下落20%以上 → 投資金額の10%を毎月追加投資
評価価額下落30%以上 → 投資金額の20%を毎月追加投資

------投機的売買------
余裕資金の範囲は個別株式/IPO/FXなどの投機的売買を実施してもよい。

●第8章 売却方針
・短期資産以外で現金が必要となる場合
・保有ファンドの1年以上の継続的な純資産減
・保有ファンドの投資対象方針の大幅な変更。
・保有ファンドの40%以上の基準価格の下落。

●資産運用ルール作成日更新日
2013年9月16日 第0.1版 発行
経験を積むために、不定期に見直しをします。
---------------------------------------------
人気の資産運用のブログが読めます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
23 : 02 : 55 | [My資産運用規定] | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
「3連休でやりたいこと」
2013 / 09 / 14 ( Sat )
「3連休でやりたいこと」

9月16日(月)は敬老の日の為、今週は3連休となります。

特に休日出勤も、個人的なイベントもないため

まるまる3日間が自分のために利用できる時間です。

時間が自由に使えるというのは

凄く良いことですね。

1人でも充実な休みに出来るかで

良い3連休か

意味のない3連休になるのか

変わります。

ということで

この3日間にしたいことを整理してみました。

・英語の勉強
・読書
・資産運用規定の決定
・親戚の家へ行く
・犬の散歩
・旅行の準備


皆さんも充実した3連休をお過ごし下さい。
15 : 09 : 55 | [時事ねた] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「東京オリンピックの効果」
2013 / 09 / 10 ( Tue )
「東京オリンピックの効果」

東京オリンピック決定から2日間。

2日間連続で株高円安となりました。

特に日経平均株価は2日間で600円前後上がっています。

2013年9月10日の結果は以下の通り

「株価」
日経平均 14,423.36 +218.13(+1.54) 09/10
NYダウ 15,063.12 +140.62(+0.94) 09/09
ドル円 100.33 +0.74(+0.75) 20:13

「為替」
米ドル       
100.260
ユーロ       
132.785

オリンピックの効果はありそうですね。

ただ、短期的な売買が昨今頻繁ですので

ぐぐっと短期的に上がった場合は、ぐぐっと今週中または週明けには売りが入るでしょう。

素人ですが、その辺りは既に予感しています。

こういう短期売買は本当に嫌ですが、きっとそうなるでしょうね。

どちらにしても株価が上がってもらえるのは良いことです。

2020年まで続くか分かりませんが、様子を見つつしっかりと積立投資でリターンを得ていきたいと思います。

20 : 27 : 47 | ★[資産運用] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2020年東京オリンピック開催決定
2013 / 09 / 08 ( Sun )
「2020年東京オリンピック開催決定」

2020年に東京オリンピックがなんと開催されることが確定しました!

まずは純粋に自分の生まれ育った都市にて世界的なイベントが開催されることを喜びたいと思います。

日本にとっては2つの大きな目的に大きな後押しになるでしょう。

・日本経済の成長
・東北復興支援


私自身が2020年にどうなっているのか。

年齢は38歳なので、子供や奥さんがいてもおかしくありません。

その時に家族で東京オリンピックを新国立競技場へ見に行く!

ということが出来れば、それはとても幸せなことだと思いますし

そうなれるように、日々の生活や仕事を前向きに頑張りたいと思います。

資産運用という面では

日経平均株価は短期的・長期的にどの様になるのかはチェックしたいと思います。

現在の株価

日経平均 13,860.81
NYダウ 14,922.50
ドル円     99.11

東京オリンピック時の株価は期待を込めて!

日経平均 20,200
NYダウ 18,000
ドル円     120

株価や為替がオリンピックに与える影響を前向きに期待したいと思います。






21 : 57 : 44 | [政治・経済] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「1ドル100円へ」
2013 / 09 / 05 ( Thu )
「1ドル100円へ」

7月25日以来約40日ぶりの円安水準となる1ドル=100円台

久しぶりに1ドル100円となりました。

思い返すと

数年前までは為替がどの様に日本や自分に影響するのかも分かりませんでした。

興味もありませんでしたし、円安円高を実感することもありませんでした。

でも、投資を行い為替リスクのある商品を購入するようになってから

為替に関する色々な影響を気づけることになりました。

「円」のみで生活をしていた自分。

たしかに円高がずーっとこの先も進むのであれば、円を持つことがベストです。

でも円高になるのか円安になるのか、誰にも想像がつきません。プロでも想像がつかないと言っています。

為替は様々な事で常に変動するからです。

円だけをもっていると、円安が進んだときに

手元の円の金額が変わらないとしても、世界的な価値で言えば円安なので円の価値が下がっています。

その時に円以外の資産を持っていれば、その資産の価値は上がってくれるわけです。

逆に円高になれば、外国資産の価値は下がって円の資産の価値があがります。

日本は円で生活する国です。

だから円を持たないことは考えられません。

でも、今後の日本はどうなるでしょうか?

円高が今後もずっと続くでしょうか。

だから 円以外も 持つのです。
18 : 17 : 41 | ★[資産運用] | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
NISAをそろそろ本気で考える
2013 / 09 / 04 ( Wed )
「NISAをそろそろ本気で考える」

本日セゾン投信からNISA口座開設に関するダイレクトメールが届きました。

NISAは2014年1月から開始することもあり、そろそろ本気で考える時期ですね。

今週末は竹川美奈子さんも参加されるNISA懇親会があるそうです。

情報収集を行い、口座に関しては10月を目処に開設をしたいと考えています。

どちらにしても、ネット証券かセゾン投信か、どちらかで開設になると思います。
00 : 11 : 24 | [NISA] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |