「2013年は何を買っても儲かる年だった」
2013 / 12 / 30 ( Mon )
「2013年は何を買っても儲かる年だった」

季節が流れることははやいもので、一年間のまとめをしたいと思います。

今年は資産を大きく向上させる要因がありました。

●アベノミクス

●先進国の推進

●円安


個別株式を除けば、殆ど何を買っても儲かってしまう年になりました。

各指数の状況について確認したいと思います。

2013nikkei.jpg
アベノミクス効果により平均株価が継続的に上昇しました。
一年間で平均株価は56%向上しました。
じゃあ来年は70%向上!とはならないと思いますが、現状のところ来年は大きく下がる要因もいまのところ無いと思いますので、継続的に投資を続けたいと考えています。


2013daw.jpg
ダウも史上最高値を更新するなど好調でした。
ダウが調子良いからアベノミクスもより効果が出たように思います。

2013doller.jpg
一年半前くらいまではたしか1ドル78円位だったと思いますが、既に105円になっています。
外国資産を保有していた方は為替の影響を実感する年だったと思います。
今後の為替状況も注目ですが、円だけを持つことはやはりリスクがあると思います。
個人的にはドルやユーロの資産はリスク分散の為に保有するべきだと考えています。


2013euro.jpg
ユーロもこの1年でユーロ高に進みました。
値動きが大きい通貨ではありますが、円とドルとユーロで分散することは良い方法だと考えています。

2013年は投資環境が素晴らしい年でしたが、2014年からはNISAが始まります。

非課税制度はどのようなものかを実感できる新しい一年になると思います。

私は今後も継続的に積立投資を実施致します。


「まったり資産運用」に遊びに来て頂いた方にも感謝です。

不定期な更新となりますが、まったりと更新していきたいと思います。

今年一年間本当にありがとうございました。


2014年もよろしくお願い申し上げます。

のぼり
18 : 10 : 06 | ★[資産運用] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」結果発表
2013 / 12 / 19 ( Thu )
「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」結果発表

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」の結果発表会に初参加いたしました。
 ブロガー個人個人がファンドを投票しランキング付けするという画期的な企画です。

 司会進行もゲストもボランティアを中心として進めているそうです。

 ここにもコストにこだわっていますね!

 もちろん私も投票を行いました。
 
 100名前後は収容できるあろう会場は満員となっていました。

 早速Fund of the Year 2013のランキングを公開したいと思います。

●「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」結果

第10位
eMAXIS新興国株式インデックス

第9位
SMTグローバル株式インデックス・オープン

第8位
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

第7位
EXE-iグローバル中小型株式ファンド NEW

第6位
ニッセイJリートインデックスファンド NEW

第5位
ひふみ投信

第4位
外国株式インデックスe


第3位
結い2101


第2位
ニッセイ日経225インデックスファンド


第1位
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)


●個人的総括

第1位
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)


昨年に引きつづいてバンガード社のバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
ETFが第一位に輝きました。
超低コストで先進国や新興国市場を含む約47ヵ国の約8,000銘柄で構成されます。
全世界の投資可能な市場時価総額の98%以上をカバーしています。
この1本で低コストで世界分散投資が可能な優良ファンドですね。

第2位
ニッセイ日経225インデックスファンド


「ニッセイ日経225インデックスファンド」では基準価額の値動き(変動)を「日経平均」の値動き(変動)に連動させ、お互いの変動率が一致するよう運用するファンドです。
信託報酬が0.2625%と非常に低コスト。
私は確定拠出年金(DC)でこのファンドを毎月購入しております。
現時点で非常に良い評価益が出ております。

第3位
結い2101


『結い 2101』は、これからの社会にほんとうに必要とされる会社、
皆さまがファンとなって応援したくなるようないい会社に投資する投資信託です。
これだけだと何なのか?と思いますが、独立系投資会社である「鎌倉投信」が提供する主に日本株へ投資するアクティブファンドです。
会社としては小さい規模ですが、第3位に選ばれるのは素晴らしいことだと思います。
私はファンドは保有していませんが、説明会を聞きに行きました。
現在は口座を別途開設しなくてはなりませんので、ひふみプラスの様に証券会社で購入できるようになると良いのになと思っております。

その他のファンドも魅力あるファンドばかりです。

今度それぞれのファンドを調べてみようと思います。

2014年からNISAも始まりますし、ファンドを選択する上で参考にされてみて下さい。

銀行の窓口で購入するファンドよりも、ずっとずっと選りすぐられたファンドです。

●ゲストからのファンドに関する様々なご意見
・TOP10を全て購入すれば良いじゃないかというのは不正解。
・純資産額が徐々に減っているファンドはおすすめしない。
・理想は純資産額がどんどん増えていくファンドをおすすめする。
・値下がりした際に投資金が入ってくるファンドはファンドの質を向上させる。
・販売会社よりも運用会社を注目する必要がある。
・購入する際は投資理念やコストなどに共感できるファンドを選択する。
・実際にファンドを運用している方が見えるファンドは良い。
・積立投資は市場や私情に振り回されないので良い投資方法の一つである。
・一般公募投信は5000本程存在している。
22 : 48 : 55 | ★[資産運用] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「消費税8%を実感してしまった」
2013 / 12 / 11 ( Wed )
「消費税8%を実感しました」

年齢も30代になりましたので、近い将来結婚が出来れば良いなと妄想しております。

先日ブライダルフェアにてプランナーの方に概算見積を提示頂きましたが

そこにさらりと

消費税8%

で計算されているのです。

そうです。

将来の消費ですので既に見積は8%なのです。

「がーん。」

と言っても仕方が無いですが。。

300万円の消費税8%は24万円です。

24万の消費税って高すぎでしょ。笑 泣

数ヶ月前迄なら15万で済んでいたのに。

9万円の差が出ます。

やっぱり大きいですね。消費税。

何か良い案があればご教授下さい。

やっぱり値切交渉しかないですかね~。
23 : 54 : 55 | [政治・経済] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「ボーナスは預貯金以外にどうすればいいか」
2013 / 12 / 10 ( Tue )
「ボーナスは預貯金以外にどうすればいいか」

冬のボーナスが出ました!

このご時世もらえるだけまだ良いですよね。。

でもせっかく貰えた方は

どの様に使われますでしょうか?

ニュースを見ると欲しい物ランキングなどが出るのが恒例です。

記事引用
マクロミルが全国の20~69歳の男女2,000人を対象に、11月22日~23日に実施した「年末年始の過ごし方に関する調査」によると、本人もしくは配偶者がボーナス支給予定の人に、使い道について尋ねたところ、「預貯金」がもっとも多く50.2%、次いで「生活費の補てん」28.7%、「ローンの返済」24.8%が続き、堅実な使い道であることがわかった。
以上

生活費の補填やローンの返済は仕方ないと思いますが、

消費を一切せず「預貯金」というのはお金の使い方としては寂しいと思います。

もちろんそれぞれの自由ですが。

貯金だけでは現在皆さんご存知の通り、消費税をはじめとする増税やインフレ、円安による影響で貯金をした翌日から「円としての価値は下がる可能性」があります。
(もちろん円高になれば価値は上がります)

この点を理解する必要があります。

今回は私がいつも行うボーナスの使い道について、参考までご紹介したいと思います。

例えば30万円のボーナスが手取りだとします。

まず使い道を3種類のタイプに分けます。

1.貯金するお金 → 10万円

2.投資するお金 → 10万円

3.使うお金   → 10万円


比率はそれぞれ自由で構いません。

特に1.貯金するお金については、今回のボーナスでどれだけ貯金したいかを最初に決めると良いと思います。

そして残ったお金から投資するお金と使うお金を考えます。

ミソはボーナスの中に2.投資するお金を設定していることです。

ネット証券を用いて積立投資をしている場合は、ボーナスなどの特定月にのみ追加積立を設定出来る場合がありますので有効に使うと機械的に積立られますので良いと思います。
最後に残ったお金を、ボーナスで利用できる予算として買いたい商品を決めましょう!

すると

貯金も出来て、投資も出来て、欲しい物も購入できます。

単に貯金するだけでは面白くありません。

かといって何に使ったかを忘れてしまうのもちょっと寂しいものです。

ボーナスの使い方について考えるきっかけになればと思います。
22 : 29 : 43 | ★[資産運用] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「日本で日本円だけで生活しているとリスクが大きい」
2013 / 12 / 05 ( Thu )
「日本で日本円だけで生活しているとリスクが大きい」

個人的な考えですが、数十年の長期的な観点ではジワジワと円安方向に向くと考えています。


逆に今後も日本は安全安心で、経済成長が続いて円の価値が世界で有数の価値が続いていくという考えの方がいれば、円だけを保持することが重要になります。

日本の経済成長率の展望、少子高齢化など様々な課題を抱える日本では

長期的視点に立って考えると、「日本円」の価値がそこまで高くなっていくとは考えていません。

日本人ですし日本に住み日本円で生活をしているわけですから、

「日本円」から離れることは出来ません。


その為に普段の生活資金やある程度の貯金は日本円が必要です。

それ以外のリスクが確保出来る資産に関してはドルやユーロなどの別の外貨を保有しておくことが円安対策、リスク分散になります。

コツコツと外貨(為替リスクがある商品など)にも積み立てている方は、アベノミクスの影響や世界経済の影響で結果的に資産が増えているはずです。

一つの部分に偏るよりも、ある程度様々な事に分散投資することが

結果的には一番安定して、かつ資産を増やす方法だと考えています。


円は大事です。円がないと生活に困ります。

でも、本当に円だけを保有する意味はあるのでしょうか?

今一度考える良い機会だと思います。
23 : 05 : 23 | ★[資産運用] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「危機感は自分を成長させる」
2013 / 12 / 03 ( Tue )
「危機感は自分を成長させる」

最近思うことがあります。

現在のこと、将来のこと

色々と悩みがあります。

誰もが様々なことに悩み、生活をしています。

危機感を持つことは、

今何を自分がやらなければいけないのか

見えてくることがあります。

仕事でも常に危機感を感じますが

それも自分を成長させる要素だと考えています。
23 : 52 : 12 | [時事ねた] | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
| ホーム |