スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
「今年の9月から手取りを増やす方法」
2014 / 03 / 19 ( Wed )
「今年の9月から手取りを増やす方法」

4月1日から消費税が5%から8%にアップとなります。

今回のまったり資産運用では、明日から出来る税金対策について書きたいと思います。

面倒な手続きを無しに、9月からの給与の「手取りの金額」を増やす方法があります。

4月から6月の給与が多いと損をするというような話を聞きませんでしょうか。

色々調べてみると以下の様な形で保険料が決まっています。

サラリーマンの給与から天引きされる

健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料・住民税は

4月、5月、6月の3ヶ月分の給与の平均で決まります。

つまり3月から5月の仕事量がポイントになります。


更におさえておきたいポイントは

残業や通勤手当など基本給以外も標準報酬月額に含ます。

この3ヶ月の平均月額は「標準報酬月額」と呼ばれます。

4月から6月の給与が他の月に比べて多い場合は

その年の9月からの1年間は多い保険料を支払うことになります。


具体的な金額は東京都であればこちらで定められています。

東京都の標準報酬月額表
http://www.team-cells.jp/hyoujyun/hyoujyunhousyu.php

ただし標準報酬月額ことは良いこともあります。

「厚生年金保険料」を多く支払うことになるわけですから、将来の厚生年金のリターンも増えるわけです。

とはいっても、健康保険料・厚生年金保険料・住民税は増えてしまうので、対策するのは悪くないと思っています。

私は仕事がら忙しくなるときは急に忙しくなったりと、時間のコントロールが難しい部分もあるのですが、今年はこれを意識して働いてみようと思います。

具体的には残業時間を極力減らし、どれくらいの負担が軽くなるのか試してみたいと思います。

実際に意識するかしないかは人それぞれですが、どういった形で手取りの金額が決まるかというのは知っておいて損はないと思います。

「標準報酬月額」

あなたはいくらでしょうか。


いまは3月です。3月から5月の仕事量(4月から6月の給与の平均)ですので、明日からでも間に合います!

先日は医療費控除について記載しましたが、

税金には知識を身につけるだけで、色々な対策があります。

色々な方法で国の仕組みを利用し正当に節税しましょう!
---------------------------------------------
人気の資産運用のブログが読めます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
関連記事
23 : 14 : 35 | [税金] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「NISA口座開設まで3ヶ月」 | ホーム | 「インデックス投資は素晴らしいけど面白くない」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://noborilog.blog.fc2.com/tb.php/109-4c362c75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。