「ふるさと納税がとてつもなくお得である理由」
2014 / 08 / 03 ( Sun )
「ふるさと納税がとてつもなくお得である理由」

ふるさと納税ってご存知でしょうか。

この制度はふるさとに寄付を行うことで寄付金控除が受けられるという制度なのですが

とてつもなくお得な制度なのです。

単刀直入に説明しますと

ふるさと納税は

実質の負担は2,000円で、ふるさと納税先の自治体のお米やお肉やお魚などの特産品がもらえるのです!

3万円寄付しても2万8000円税額控除されるため、特産品の価値が2,000円以上であれば、寄付も出来るし大きな還元も得られる

寄付した以上に特産品が返ってくる夢のような制度なのです。

具体的にはこうなります。

実質2,000円支払えば、国産和牛とコシヒカリ10kgとお魚や野菜セット、季節のフルーツが特産品として頂ける制度です。

「そんな馬鹿な」

そう思いますよね。

もう少し踏み込んでご紹介しましょう。

ふるさと納税をご存知ですか?

かつて住んでいた故郷
思い出の場所
興味のある地域などの自治体

どこに住んでいても、全国の自治体に「寄附」することができます。

いまあなたがお住まいの地域には毎月住民税を支払っていますよね。

その税金の一部を自分自身の思い出の場所やふるさとに還元できるというとても良い税金の使い道だと思います。

自分自身が育ってきた街や村があるからこそ今の自分がいる。

でも自分はその街になにも恩返しが出来ていない。

そんな想いにダイレクトに応えることが出来る国の制度なのです。

ここまでは世の中として一般的にご存知の内容かとおもいますが

このふるさと納税制度、夢のようなお得な制度なのです。

ふるさと納税の概要です。

総務省より。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/080430_2_kojin.html
------------------------------------------------------

ふるさと納税とは
都道府県・市区町村に対する寄附金のうち、2,000円を超える部分について、一定限度額まで、原則として所得税と合わせて全額が控除されます。
なお、所得税・住民税から寄附金控除の適用を受けるためには、確定申告を行う必要があります。

------------------------------------------------------

確定申告も必要だし、意味分からないし面倒くさそうだな。と思う方もいるかもしれません。

もう少しお付き合い下さい。

制度の概要 総務省
http://www.soumu.go.jp/main_content/000254924.pdf

・都道府県・市区町村に対して寄附(ふるさと納税)をすると、寄附金のうち2千円を超える部分について、一定の上限まで、原則として所得税・個人住民税から全額が控除される。
(例 : 年収700万円の給与所得者(夫婦子なし)が、3万円を寄附すると、2,000円を除く2万8,000円が控除される。)

・控除を受けるためには、寄附をした翌年に、確定申告を行うことが必要。

・自分の生まれ故郷や応援したい自治体など、どの自治体に対する寄附でも対象となる。


1点目に注目して下さい。

>3万円を寄附すると、2,000円を除く2万8,000円が控除される。

所得控除ではなくて、税額控除なのです。

仮に3万円寄付すると所得税と個人住民税から2万,8000円が引かれます。(翌年の税金から引かれます)

実質負担2,000円で3万円のふるさとへ寄付金が行えることなります。

概要図
furusaton1.jpg

ポイントはここからです。

ふるさと納税で寄付した先の自治体によっては、特産品などの特典が頂けるのです。

実質の負担は2,000円なのに(3万円寄付しても2万,8000円税額控除されるので)

ふるさと納税先の自治体のお米やお肉やお魚などの特産品が頂けるのです。


例えば下記の3つの自治体に、3万円寄付(各1万円の寄付)をするとどんな特産品がもらえるのか見てみましょう。

大阪府泉佐野市 10,000円

山形県 酒田市 10,000円

兵庫県 淡路市 10,000円

各自治体から頂ける特産品
furusaton2.jpg


実質2,000円の負担で

「特選牛たんセット」

「おもてなしグルメセット」

「淡路ビーフ すき焼き用(500g)」


が頂けます。

ありえないでしょ。信じられない。と思う方もいると思います。(むしろその方が多い気がします笑)

私は長野県飯山市に5,000円を寄付してお米をもらいました。

先日は甲州市から赤・白のワインです。

注意点は、確定申告をしなければならない事と、実質2,000円の負担額となる寄付金額はその方の収入によって異なるということです。

気になる方は色々と調べてみて活用して下さい。

如何でしたでしょうか?

ふるさと納税、楽しい納税が出来る良い制度ですよ。

今後の記事では、具体的にどうすれば寄付できるのかをご紹介したいと思います。

-----------------------------------------------------------
「まったり資産運用」を応援頂ける方はポチッとクリックお願いします!
人気の投資ブログが読めます。



株式長期投資 ブログランキング 資産運用

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 投資信託

-----------------------------------------------------------
関連記事

テーマ:節約 - ジャンル:ライフ

10 : 47 : 46 | [ふるさと納税] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「預金バカ 賢い人は銀行預金をやめている」はタイトル以上に内容が充実していた | ホーム | 「マネーフォワードはやっぱり便利です」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://noborilog.blog.fc2.com/tb.php/151-dc188048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |