「確定拠出年金が見直しへ」
2014 / 12 / 26 ( Fri )
「確定拠出年金が見直しへ」

様々な課題が存在する確定拠出年金の改正に関するニュースがありました。

こちらの毎日新聞の記事となります。

 企業年金の主な見直し案

・中小企業向けに「簡易型確定拠出年金」を創設

・主婦や公務員、企業年金のある会社の従業員も個人型確定拠出年金への加入を可能に

・掛け金の上限を「定額」から「給与の定率」に

・転職時の資産の持ち運びを自由に

・受給開始年齢を「65歳」に統一したうえで、60歳からの受給も可能に



私達の老後の生活の柱が現役世代でも「老齢年金」であることに変わりはありません。

ただ、公的年金は給付カットが進められており、

将来厚生年金は2割減、基礎年金は3割減となる見通し。

となっています。

さらっと書いてありますが、不通に考えると、\(・_・) オイオイまじかー! と思いますね。

両方足すと5割減なので、ホントに将来の年金総定額は当てにならないなと感じます。

そこで役に立つのは確定拠出年金です。

20141225.jpg

確定拠出年金の最大の武器は

掛け金がそのまま「所得控除」となる点です。

つまり自分の所得を下げられるので、それだけ税金が安くなります。

世の中的には確定拠出年金について興味の持つ方が少ないのですが

自分が年を取ったときに勉強をし始めても、もう遅いのが確定拠出年金なわけであり

今から情報収集しておくことは良いことだと思っています。

まぁでも思うのでは、会社の企業年金あるなしで制度が違うとかじゃなくて、

もっと分かりやすいフラットな制度になりませんかねー。


-----------------------------------------------------------
「まったり資産運用」を応援頂ける方はポチッとクリックお願いします!
人気の投資ブログが読めます。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

-----------------------------------------------------------
関連記事

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

00 : 17 : 49 | [確定拠出年金] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「今年1年間の感謝」 | ホーム | 「長期投資家にとっては何も気にならない」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://noborilog.blog.fc2.com/tb.php/177-89237386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |