スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
「ふるさと納税で自治体の格差が広がる」
2015 / 04 / 06 ( Mon )
「ふるさと納税で自治体の格差が広がる?」

●ふるさと納税で自治体同士の格差が広がる

前回の記事でも書きましたが

ふるさと納税の制度は、とても素晴らしい制度だと感じています。

節税の効果が大きく

特産品は納税者にとっては美味しい特典です。


ただし、ふるさと納税の意義はそれだけではありません。

日本全国から各自治体に納税されるチャンスが与えられているという、仕組みがもっと評価されるべきだと思います。

そして各自治体はこの制度をもっともっと利用されるように生かすべきだと思います。

例えば長崎県平戸市は1年に10億円もの資金が入った事実があります。

平戸市がこの制度を上手く活用して沢山の資金を集めたわけです。

平戸市は納税者が利用しやすいように、カタログギフトとして提供することで、納税する人の立場に立ったサービスを提供しています。

沢山納税すればするほど良い特産品が得られるというのも他の自治体にはない差別化です。

特産品合戦は様々な意見が出ていますが、私はもっと自治体に競争を促すべきだと思います。

実は私は仕事でも自治体の方と接することがあるのですが、民間企業とのギャップを感じることがあります。

上から与えられた指示だけを遂行し、それで問題がなければそれでいいと思っている方が多いと思います。


ふるさと納税の制度では、まさに各自治体のやる気で税収に差が出ます。

その制度を上手く利用することで自治体自体も生まれ変わる可能性があるということを意識して、

もっともっと盛り上げて行けば良いのだと思います。


●改善して欲しいこと
・クレジットカードの利用拡大。
 クレジットカード社会のこの時代
 銀行振込やゆうちょ銀行対応では手間が掛かります。

・申込方法の統一化。
 「ふるさとチョイス」などのポータルサイトと連携している自治体は便利なのですが
 かなりの自治体が、寄付先の自治体へのホームページへアクセスし、そこから更に制度を確認した上での申込だったりします。
 これは非常に大変で手間が掛かります。

・1回で全ての特産品を申し込めるようにする。
 例えば1つの自治体で3つの特産品が欲しい場合、なぜか3回に分けて申込をしなければならない自治体が多いのです。
 
実際にふるさと納税をやってみると感じるのですが、単に特産品が良いだけではなくて

利用者が申込をしやすいような仕組みにも対応する必要があると思います。

小さい自治体こそ頑張って対応して、頑張って地元をアピールして欲しいと思っています。

今がチャンスと思ってどんどん自治体は改善をして欲しいと思いますね。


-----------------------------------------------------------
「まったり資産運用」を応援頂ける方はポチッとクリックお願いします!
人気の投資ブログが読めます。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

-----------------------------------------------------------
関連記事

テーマ:ふるさと納税 - ジャンル:ライフ

19 : 48 : 53 | [ふるさと納税] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「ブログ更新確認に便利なRSSリーダー」 | ホーム | 「凄いぞ!今年のふるさと納税」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://noborilog.blog.fc2.com/tb.php/192-b56a7e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。