スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
確定拠出年金状況
2013 / 05 / 12 ( Sun )
約2年前から会社で始まりました確定拠出年金ですが、
将来のために、自分がどの様な運用をしていたか状況をメモしておこうと思います。

●確定拠出年金
確定拠出年金は、2001年に日本で導入された年金制度です。
確定拠出年金は、企業(または個人)が毎月積み立てるお金を個人が自分の判断で運用していく制度です。
企業型は、企業年金のある企業に勤務する原則として 60歳未満の従業員 に対して適用され、企業が毎月の積立金を負担します。
個人型は、60歳未満の自営業者や、企業年金のない企業に勤務する従業員などに適用され、毎月の積立金を個人で拠出します。

●背景
業年金制度の維持は、困難な状態が続いています。加えて、転職をする人も増えており、
次に移る職場にそれまで積み立てていた年金を持って行きたいというニーズが高まってきました。
確定拠出年金の登場は、こうしたさまざまな問題が背景としてあります。

●確定拠出年金のリスクについて
積立金を元手に個人(加入者)が自分の判断で資産運用を行うので、毎月積み立てる金額は一定でも、
その運用実績によって個々人で受給額に差が出てきます。
当然のことながら、確定拠出年金の運用にはリスクが伴います。
確定拠出年金の運用期間は長いので、目先の相場変動だけに左右されず長期的な視野が必要になってきます。

●メリット
掛け金を払い込むときや積み立て期間中は税金はかからず、
年金を受け取るときまで税金を払うのを延ばしてもらうことです。
確定拠出年金では、年金を受け取るときまで税金がかかりませんので、積み立て期間中は運用収益に税金がかからない分、複利効果により高い利回りが期待できます。

●個人の方針
確定拠出年金は自ら運用するために資産運用に関する知識が必要となります。
もちろん全てを定期預金にして将来受け取る形も可能ですが、現在の10,000円と30年後の10,000円は同じ価値でしょうか?
せっかく貯めたのに殆ど利息が付かない預金にだけ預けており、いざ受け取る際にはあまり価値の高くない金額になってしまっているというのは
非常に寂しい限りです。
それに確定拠出年金には税制上の様々なメリットもあり、預金以外の商品を保持しない事の方がデメリットでもあります。
もちろん預金以外に掛け金を預けたとして、必ずプラスになる保証はありませんが
数十年という時間を味方に付けることによる時間分散も可能です。
私としては、預金に預けるくらいならせめて日本国債は購入した方が良いと考えます。
長期的な視点に立つと私は現在の日本の情勢から円安方向に進むと考えていますので
為替リスクのある商品も保持します。
あとは自分の年齢によるスイッチングも必要です。
例えば若いうちはリスクのある商品も多めに買っておいて、運用額が大きくなってきたら国債や預金にスイッチングすることも良いと思っています。
現在の方針としては
・外国株式 (内半分は新興国)
・日本株式
・外国債券
・日本債券
に大体25%づつ分散投資を行っていく予定です。


●残高・時価評価状況
約2年間の運用状況です。
リーマンショックによる全世界株安と超円高の状態からタイミング良く確定拠出年金制度をスタートしたため
良い出だしになっていると思いますが、長期的にじっくりと運用していきたいと思います。

あなたの資産残高 845,201円
あなたの拠出金累計額 688,080円
評価損益金額 157,121円

運用利回り
初回入金来 17.37%
直近一年 30.79%

確定拠出年金 資産別
外国株式 36.2%
国内債券 24.3%
外国債券 20.7%
国内株式 18.8%

商品別損益情報
三井住友TDC日債S 時価残高 205,180円 取得価格 200,582円 評価損益 4,598円
商品名 大和投信DC外債インデックス 時価残高 175,309円 取得価格 140,956円 評価損益 34,353円
商品名 野村新興国株式インデックス 時価残高 158,708円 取得価格 128,200円 評価損益 30,508円
商品名 ニッセイ日経225インデックス 時価残高 158,628円 取得価格 109,071円 評価損益 49,557円
商品名 みずほ信託外国株式インデックス 時価残高 147,376円 取得価格 109,099円 評価損益 38,277円

評価損益の推移
2013年 4月 826,025円 688,080円 137,945円
2013年 3月 762,851円 662,580円 100,271円
2013年 2月 722,902円 637,080円 85,822円
2013年 1月 692,869円 611,580円 81,289円
2012年12月 638,817円 586,080円 52,737円
2012年11月 585,518円 560,580円 24,938円
2012年10月 545,256円 535,080円 10,176円
2012年 9月 514,439円 509,580円 4,859円
2012年 8月 482,099円 484,080円 ▲1,981円
2012年 7月 452,938円 458,580円 ▲5,642円
2012年 6月 426,264円 433,080円 ▲6,816円
2012年 5月 394,770円 407,580円 ▲12,810円
関連記事
14 : 41 : 34 | ★[資産運用] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<連日の株高円安はどこまで続くのか | ホーム | 北朝鮮のミサイル準備解除は本当か>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://noborilog.blog.fc2.com/tb.php/21-6054d5c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。