「年金の運用損 昨年度5兆円超」
2016 / 07 / 01 ( Fri )
「年金の運用損 昨年度5兆円超」


20160701.jpg


-----------------
2015年度の公的年金積立金の運用成績は、5兆円を超える損失となることが確定した。株安が影響したもので、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が30日の運用委員会で厚生労働省に報告した。だが、GPIFが公表するのは参院選後の7月29日で、野党は「損失隠しだ」と批判を強めている。(朝日新聞デジタル)

GPIFは国民年金と厚生年金の積立金約140兆円を運用している。30日の運用委員会は非公開で開かれ、GPIFが15年度の財務諸表を報告。関係者によると、運用損は総額で5兆数千億円に上ったという。

・・・続く
-----------------

記事本文はこちら

みなさま この記事如何感じましたでしょうか?

記事に対するコメントを確認すると

5兆円を単年度で損失したことに対する批判的な意見が多く見受けられます。

この記事をみて思うのは

読者が本質を理解出来ているか?

というポイントです。

つまり、自分の「ファイナンシャルリテラシー」を図ることが出来る記事です。

※記事内容自体が良い悪いを伝えているわけではありません。



私個人の意見としましては

「全く問題ない」

という意見です。

むしろ

運用積立金が年金を払い続けている分けにも掛からず

平行線または右肩上がりになってませんか?

むしろ過去を含めたトータルでみるとリターンの方が大きいです。


国民の年金を全て現金預金にしていた場合、損失はありませんが

本来資産運用しておけば、複数年度のトータルで得られるリターンが無かったわけです。

国民の人口が少なくなり、年金拠出額が少なくなり、

仮に定期預金だけだったら

収入 < 支出


の形になり。

本当に年金が崩壊します。

そういった長期的な観点で年金が運用されていることを理解していないと

この記事に対して単純に「5兆円がパーだ。どうするんだ。お金返せ!担当者クビにしろ」みたいな

分けの分からない批判が起こるわけです。

記事自体がその様な意見を引き出したい感じが非常に感じられますが

読者側がちゃんと

「ン?何が問題なの?トータルではリターンが出ているし、そもそも運用しないと減るだけでしょ。」

という事になるわけです。

本質を見極める基礎知識。大事ですね。


-----------------------------------------------------------
「まったり資産運用」を応援頂ける方はポチッとクリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

-----------------------------------------------------------
関連記事
10 : 56 : 05 | ★[資産運用] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「マイレージ、マイライフ」 | ホーム | 「英国がEU離脱へ。揺れる市場。どうなる日本。」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://noborilog.blog.fc2.com/tb.php/235-fd908a2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |