スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
赤城山の快適なワインディング
2013 / 06 / 24 ( Mon )
日曜日は久しぶりにツーリングへ行って参りました。

目的地は大体前日に決まるのですが、今回は群馬県の赤城山方面へ向かうことにしました。

赤城山(あかぎさん、あかぎやま)は、関東地方の北部、群馬県のほぼ中央に位置し、太平洋プレートがオホーツクプレートに沈み込んでできた弧島型火山である。また、赤城山はカルデラ及びカルデラ湖を持つ関東地方で有数の複成火山である

梅雨の季節にも関わらず天候は晴れ!

関越高速から北関東自動車道の伊勢崎ICへ行き、そのまま赤城駅を通過して国道122号線へ入ります。

その後県道62号線を利用してぐるっと回って赤城山の噴火口あとと思われる大沼(湖です)へ向かいました。

恐らくバブルの頃に建てられた建物が多いのか、お店はちょっと古さを感じましたが、観光バスなども含めてお客さんはまぁまぁいました。

この県道62号は赤城山へのルートとしては東側から回るために車の量も少なく、かつ道路も西側より綺麗なためとても走りやすい道路でした。

また、暑くもなく寒くもない気候はツーリングにばっちり!

最近色々と悩みもあるのですが、たまには都心から離れることで、何も考えない時間帯も必要だなと感じました。
関連記事
20 : 48 : 55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<横須賀の「ドル祭り」は資産運用への第一歩かもしれない。 | ホーム | 内藤忍さんの「資産設計セミナー」に参加してみた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://noborilog.blog.fc2.com/tb.php/37-7fd34923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。