スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
「鎌倉投信」には強い理念と哲学がある。
2013 / 08 / 04 ( Sun )
「鎌倉投信」には強い理念と哲学がある。

前々から気になっていました

「鎌倉投信」のセミナーに参加してみました。

原宿のとあるお洒落な一室にて集まった参加者7人で

「結い2101」の商品紹介が行われました。

ただ、商品の前に鎌倉投信の哲学がとても素晴らしいのです。

---------------------------------------------------------------
投資とは、本来株価を追うものではありません。
短期的な株価の値動きで利ザヤを稼ぐ投機とは一線を画すものです。

鎌倉投信が考える投資とは、投資する先の会社が行う事業やその会社に関わる
様々な人によって創造されるほんものの価値や豊かさを蓄えて行くものです。

そして、これからの社会に本当に必要とされる価値を創造する会社を見極める眼力や
価値を創造する会社の事業を長きにわたって支えようとする想いが“まごころ”です。

価値を創造する会社の事業を支える投資家が、株価の上げ下げではなく、
その会社が行う事業の価値を見極め、価値観や信頼で繋がったお金の循環を創ることができれば、
より社会は豊かになり、結果として得られる投資の果実もより良いものになると考えます。
---------------------------------------------------------------

 文章だけでは表現しづらいのですが、鎌倉投信にはとてつもない理念と哲学が存在しています。

 商品説明を受けた印象としては

 買いたくなる商品でした。


●投資商品概要

「商品名」
・結い 2101

「特徴」
・投資家の長期的な資産形成と社会の持続的発展に貢献する
・国内を中心に、社会との調和の上に発展する次のような企業の株式に投資する

「コスト」
・ノーロード なし
・信託報酬 1.05%
・信託財産留保額 なし

詳細については鎌倉投信のホームページをご参照下さい。
http://www.kamakuraim.jp/index.html


●感じたこと

 哲学と思想が商品に反映されており、コストも比較的安価。(アクティブファンドと考えても1%は安い)
 
 私はこれまで日本株ではインデックスファンドを購入していますが

 セミナーで説明があったように、日本はインデクスファンドが長期的に伸びていくのは難しいのではないか

 と感じています。

 平均を狙って相対的に株価が継続的に上がっていくインデックスファンドと

 鎌倉投信のように、コストをおさえつつ、良い会社を選定して長期投資を行っていくファンドの

 両方で分散した方が良いのではないかと思っています


 それにインデックスファンドと異なるのは

 自分の想いをファンドに乗せられるということ
です。

 自分がどの様な会社に投資しているのか、少しでも貢献出来ているのかということは

 人それぞれ感じ方は違うと想いますが、私はそのようなこだわった商品にはとても惹かれます。

 なぜなら、私は日本人であり、日本が好きだから、日本の会社に頑張って欲しいのです。
 
 もちろん別途、資産運用には外国株や外国債券などの外国への投資が必ず必要と考えています。

●セミナーメモ
・ファンドマネージャーは新井さん
・目標リターンは4%
・日本のインデックスファンドに投資をしても長期的にはリターンが得づらい。
・鎌倉投信は今後も伸び続ける部分にのみ投資を目的としている。
・投資から手を引いた会社も存在する。
・非上場の会社は社債で購入する。
・基準価格の変動率は高くないように設計されている。リスクは10%以内に調整。
・基準価格が上がる際に売り、下がる際には買うようなスタンス。
・キャッシュの比率が高い。売却時の流動性を高める。
・なぜならば購入している株式は流動性が低いから。
・流動性の低い優良会社に大手は投資しないことが逆のメリットになる。
・大口顧客が売った場合も想定してキャッシュの比率が高くなっている。
・大きい会社でも小さい会社でもこの世の中は潰れる。
・各社の投資比率はほぼ同等。現在は2%程度。
・本来は応援したくなるタイミングで等知ることが大事。震災などは特に大事。
・投資先を増やす活動は別途行っている。
・外貨建て資産の予定はない。枠だけつくっている。
・6割が積立投資を行っている。
・現在は赤字だが、黒字になるのは100億円から。
・来年の3月からは100億円になる予定。
・良い投資の潜在的会社は100社ほどある。
・年に1回1社ほど投資対象に追加している。
・例えば500億になったら追加投資を停止する予定。
・潜在的なリストは100社ほど持っており、お買い得なときに入れ込む。
関連記事
18 : 48 : 17 | ★[資産運用] | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<「貯蓄から投資へ」 日本版ISA(NISA) まとめ | ホーム | 祝! アクセス1000人>>
コメント
----

私も鎌倉投信のスタイルは好感が持てるなと感じていました

私はセミナーなどには参加したことはありませんが、一度どこかのセミナーに行ったら面白いのかもしれませんね
by: ひら次郎 * 2013/08/04 22:55 * URL [ 編集 ] | page top
----

>ひら次郎さん
原宿や鎌倉でセミナーをしているようです。
是非一度話を聞いてみて下さい!
by: のぼり * 2013/08/07 00:05 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://noborilog.blog.fc2.com/tb.php/52-34b12772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。