「セゾン投信に5年間投資して経験した大事なこと」
2013 / 11 / 03 ( Sun )
「セゾン投信に5年間投資して経験した大事なこと」

私がコア資産として積立しています「セゾン投信」の紹介です。

現時点で投資の初心者にお勧めできるファンドの1つがセゾン投信の

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」です。

特に、

これからセゾン投信を購入予定の方

投資信託を始めてみようと思っている方

には是非読んで頂きたい経験談を書きたいと思います。


ファンドに投資するということは、何を買ってもリスクがつきまといます。

セゾン投信は初心者向けの素晴らしいファンドであることは間違いありませんが

素晴らしい商品でも買い方を間違えると大変なことになる。

ということは伝えておきたいと思います。

セゾン投信を初めて知ったのは、今から恐らく4,5年前だったと思います。

その当時の私は株や債券、ましてや投資信託などとはまったく無縁の生活をしていました。

学生時代に経済や金融について学んだわけでもなく、仕事も金融関係ではありません。

たまたま本屋で手に取ったのは竹川美奈子さんの「投資信託にだまされるな!」という本でした。

初心者にとっては非常に分かりやすくお勧めできる良書です。

投資信託の購入から初めて見たいと考えている方であれば、必ず読んで欲しい本です。


本の中でセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドについて紹介されていたのです。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドについて調べたところ以下の特徴がありました。

「低コスト」・「バランス型インデックスファンド」の特徴を持っているという点です。

「低コスト」

購入手数料がゼロ。

信託報酬が1%以下。実際には0.77%前後位だったと思います。

解約時の信託財産留保金も0.1%程度。

「バランス型インデックスファンド」

全世界の株と債券に分散が行え分散投資が可能な国際分散を行うバランス型インデックスファンドファンドである。

という魅力的な商品でした。

その後セゾン投信が主催するセミナーでは本には書かれていない、「長期投資」の必要性も感じました。

もう一つ大きかったのがセゾン投信の中野社長の存在。

なぜセゾン投信を作ったのか?

なぜ「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」を作ったのか?

私はセゾン投信のファンドのビジョンに自分の気持ちが同意したのです。

この良書に出逢ったことと、セゾン投信の中野社長に出逢ったことは

非常に良い巡り合わせだったと思います。


もし私が訳も分からず銀行などに行っていたら、高い手数料の流行のアクティブファンド確実にカモにされていたでしょう。

自分が購入するべきファンドはセゾン投信だと納得したのです。

かれこれ5年程経ったと思いますが、今でも保有していることに後悔はありません。



でもここで読者の方は1つの疑問もあるかもしれません。

それはあなたの評価額がプラスになっているからでは?

という方もいるかもしれません。

もちろんそれもあります。

投資に対してリターンが無ければ、結果としては失敗なわけですから。

でもそんな「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」でも

大きなマイナスも経験しています。


早速ですが、下のチャートを見てください。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの「基準価額」の推移です。

赤がリーマンショック

黄色はアベノミクス

sezon1.jpg

例えばリーマンショック後の私の評価額は

なんと100万円以上のマイナスになっていた事があります。

ローリスク・ローリターンであるバランス型のファンドでも評価額が100万以上のマイナスという状態です。

私は本当に初心者でした。

「積立投資」をしていなかったのです。

貯金から半分以上崩した投資資金は一気に全てセゾン投信につぎ込んでいました。

セゾン投信を始めてから半年か1年ほどでリーマンショックが起こりました。

あのときは本当に投資は怖いものだと思いました。


現金が手元にあまりありませんでしたので作りました。

どうしたかというと、購入して1年未満の新車の車は売却しました。

投資に失敗すると車も失うのだ!ということが分かったのです。泣

世界経済の波に乗るセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドでは

世の中の全ての株価は下がることで大きく評価額は下がるのです。


安全資産へお金の移動が発生するのでドルやユーロが売却され

「円」の価値が高まり「円高」となりました。

「株安」と「円高」はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドにとって一番の敵であることがその時初めて分かったのです。

また、安いときに現金を持っていないということは

安いときに投資できず機会を失うことにも初めて分かった
のです。

その当時は生きた心地はしませんでしたが、リーマンショックで初めて「積立投資」を開始しました。

それにまとまった金額が出来ると追加購入していました。

今となってはそれが「逆張り投資」であることが分かりました。

安いときに買っておく。これが投資の王道です。

そんなこと分かっていれば誰でも儲けられる。でもみんな分かりませんよね?明日株価が上がる下がるなんて。



世の中がもう終わりだ!世界経済大混乱!

とニュースで流れたら、それは最大のチャンスだと思います。

すぐに評価額が上がる保証はありませんが、お金が世の中から逃げている状態が

一番のチャンスなのです。

ピンチはチャンスです!


売却せずに(というか評価額が酷すぎて売れないのです)コツコツ積立投資も行いました。

それから数年。

良くてもプラスマイナス0だろと思っていた評価額が

アベノミクス効果により「株高」「円安」になると評価額が急上昇しています。


結果として、長期積立投資は投資における王道なのです。

今感じているのは、上がり続けて今度はいつ下がってしまうのか?

という怖さを感じるようになります。それも初めて知りました。

セゾン投信で大事なのは

1年とか5年とかの期間で保有するファンドでは無くて

10年20年30年 いやいや50年や100年(100年あるか分かりませんが・・)

という考え方を持ってコツコツと投資をすればリターンを得られるはずだという考えです。

地球全体はこれからも成長してゆく!

現金は銀行に預けるだけでなく世の中のためにお金を働かせる

自分はその果実の一部をリターンとして頂く。


こういったフレーズは中野社長が常々言っている言葉ではありますが

少しづつ理解し始めてきました。

もしセゾン投信のファンドをこれから購入する方、検討されている方は短期的な考えではなくて、

将来の為に自分の果実を大きくするのだ。

という大きな「希望」を持ちつつ投資を行うと良いと思います。


少し熱が入ってしまいましたが・・・ 当初から購入している経験として記載させて頂きました。

セゾン号という長距離列車に 乗車するのか? 乗車しないのか?

それは皆様が決めることです。

セゾン投信の投資信託
投資信託


セゾン投信のセゾン号に乗車しないのに、勝手に評価することは出来ません。


セゾン投信のファンドを購入する上で役に立てられれば幸いです。

自分の終点まで、楽しんで少しづつセゾン号に乗車して、コツコツ投資をこれからもしていきたいと思います! 皆さんも本当に銀行預金だけで良いのか? 個別株だけで良いのか? 是非考えてみて下さい。

-----------------------------------------------------------
「まったり資産運用」を応援頂ける方はポチッとクリックお願いします!
人気の投資ブログが読めます。


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村


株式長期投資 ブログランキングへ
-----------------------------------------------------------

関連記事
01 : 49 : 34 | ★[資産運用] | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<医療保険なんていりません! | ホーム | 「セゾン投信のNISAセミナーに参加」>>
コメント
----

始めまして。
のぼりさん、コメントどうもありがとうございました。

セゾン投信5年ですか。私の先輩ですね。

今は本当にすごい利益になっていますね。
また下がってきても続けていけるのか。大事なところでしょうね。

共に白髪の生えるまで頑張りましょう^^;
by: koo * 2013/11/04 01:57 * URL [ 編集 ] | page top
----

kooさん
コメントありがとうございます。
ドルコスト平均法が効いてますね。
万全な方法ではありませんが、ベターだと思います。
by: のぼり * 2013/11/05 22:02 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://noborilog.blog.fc2.com/tb.php/75-f1e1922b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |