スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
「インデックス投資ナイトはマニアックかつ笑えるイベントだった」
2014 / 01 / 17 ( Fri )
「インデックス投資ナイトはマニアックかつ笑えるイベントだった」

以前から参加してみたかった「インデックス投資ナイト」へ初参加しました。

場所は新宿歌舞伎町にある「新宿FACE」

会場に入るとかなりの観客数が入場できる箱であり、本当に埋まるのだろうかと思いましたが、始まる頃にはほぼ満員状態となっていました。

個人投資家の初参加率が70%前後?との事で投資家が増えてきたのだなと思います。

実際のイベントは3部で構成されていました。

第1部「I-1グランプリ2014 1.11新宿大決戦」

「市場には投資家の多様性が必要だ」タカちゃん
「私の資産運用」マスクマン@新宿
「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013 今回はどうだった?」イーノジュンイチ
「インデックス投資賛歌」吊られた男
「リーマンショックを乗り越えた凍死家として」個人凍死家テリー

主にブロガーや個人投資家が5分ほどでプレゼンテーションを実施します。

特に「リーマンショックを乗り越えた凍死家として」個人凍死家テリーさんのプレゼンテーションは投資で凍死した自虐ネタで会場を笑いの空気で包むことで和やかなプレゼンテーションになりました。
数々の失敗を得て現在の成功があるという
ある意味では真似をしてはいけない投資を実践した方であり、非常に勉強になりました。

第2部「NISAメッタ斬り!
島田知保
イボットソン・アソシエイツ・ジャパン㈱ 月刊「投資信託事情」発行人・編集長 投資信託検索サイト「投信まとなび」(http://www.matonavi.jp/ )のコンテンツ編集長。

竹川美奈子
LIFE MAP,LLC代表/ファイナンシャル・ジャーナリスト。

2014年から始まったNISAの制度について基礎から活用方法までを解説。
5年の有期ではなく恒久にするべきだとのアンケート結果がありました。
是非もっともっと良くなって欲しい制度ですね。


第3部「新時代のインデックスvsアクティブ最終決戦」

一番盛り上がったのは第3部。

平山 賢一 アクティブ派
藤野英人  アクティブ派
今井 幸英 インデックス派
山崎元   インデックス派
カンチュンド 司会
敬称略

インデックスが良いのか?アクティブが良いのか?

この尽きない課題をガチンコで勝負しましょうというネタ。


カンチュンドさんの司会がとても上手であり、聞いている側も非常に時間の経ち方が速かったと感じました。

アクティブはロマンがある、いや宗教だ!
インデックスはつまらない、ロマンがない。


など言いたい放題の内容に会場には笑いが包まれました。

私としては、どちらかを買うのではなく、どちらとも買う。つまり

「インデックスもアクティブも投資対象とする」

が分散投資という観点でも良いのではないかと思っています。


ただし、アクティブファンドは一般的に信託報酬などの手数料が高いことや

ファンドとして短命なファンドが多いので、まずはインデックスファンドで2,3年経験を積んだ後に、少しづつスパイスを加えるという意味で購入することを検討しても良いと思っています。

インデックス投資ナイトなのに、チケット代が3,000円と若干高い気もしますので

入場料のコストも是非抑えて欲しいという意見を述べておきたいと思います。笑


ともかく、マニアックでしたが面白いイベントであることは間違いありません。


---------------------------------------------
人気の資産運用のブログが読めます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
関連記事
00 : 01 : 49 | ★[資産運用] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「何から投資していいか迷っている初心者の方へ」 | ホーム | 「年初は福袋で福を買う」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://noborilog.blog.fc2.com/tb.php/93-03b9ac4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。