「何から投資していいか迷っている初心者の方へ 6」
2014 / 02 / 01 ( Sat )
「何から投資していいか迷っている初心者の方へ 6」

最後の投資キーワードは「ローコスト」です。

・インデックスファンド
・長期
・分散
・積立
・ローコスト

ローコスト、つまり「手数料の安さ」が最後のポイントです。

投資信託を例にすると、3つの代表的な手数料があります。

一般社団法人 投資信託協会から引用。

--------------------------------------------------
販売手数料
購入時に販売会社に支払う費用。
申込価額の数%をその費用として支払います(まれに換金時に支払うこともあります)。ファンドや販売会社によってはこの費用がない場合もあります (ノーロード) 。

信託報酬
保有時 投資信託の信託財産から間接的に支払われます。

信託財産留保額
換金時 直接支払います。
投資信託を換金する際に信託財産に留保するお金。
換金する投資家から見れば換金する際に支払う費用で、換金に要した費用に相当します。--------------------------------------------------

良いファンドを選択するためのポイントは以下の通りです。

販売手数料
販売手数料は0%のファンドのみ選択する。(ノーロードとも呼ばれます)
販売手数料を取るファンドは選択対象から外して頂いて構いません。

例えば、購入手数料が3%のファンドがあったとします。
100万円分購入すると、最初に3万円引かれて97万円でファンドを購入することになります。最初からマイナスなわけです。そこから3%の成績を上げてからやっとイーブンになります。それって、大変ですよ。


信託報酬
ファンドを保有時に毎日支払う手数料です。
年率X%という形で表現されます。
優良ファンドは1%以下のファンドが目安です。

信託財産留保額
ファンドを解約時する際に支払う手数料です。
出来ればない方が良いですが、0.5%以下が目安です。

まずはノーロード等で検索頂くと、良いファンドが多く見つかります。
あとは気になるファンドを見つけたら、信託報酬も確認しましょう。


ぐっと絞れますよ!

「何から投資していいか迷っている初心者の方へ」シリーズはこれで一旦終わりと致します。

お読み頂きありがとうございました!
---------------------------------------------
人気の資産運用のブログが読めます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
関連記事
22 : 53 : 56 | ★★[おすすめの投資方法] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「東京は20年に一度の大雪」 | ホーム | 「何から投資していいか迷っている初心者の方へ 5」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://noborilog.blog.fc2.com/tb.php/99-45991ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |