「何から投資していいか迷っている初心者の方へ2」
2014 / 01 / 19 ( Sun )
「何から投資していいか迷っている初心者の方へ2」

前回5点を満たしたファンドを購入して下さい。

とお伝えしましたが、理由がありますのでご説明します。

・インデックスファンド
・長期
・分散
・積立
・ローコスト


今回は「インデックスファンド」についてご説明します。

実はファンドには大きく2つのタイプがあります。

「アクティブファンド」と「インデックスファンド」です。

では早速この2つを理解しましょう。

「アクティブファンド」

市場や投資銘柄に対するさまざまな調査結果や予測を基にして、市場の平均的な収益率を上回る運用成果をあげようとするものです。

つまり市場平均を上回る運用成果を上げようとするため、メリットとしては大きなリターン(配当など)を得られる可能性があるファンドのタイプになります。

おぉ~ これ良いじゃないですか!

と思う方も多いと思います。なにせ平均以上を狙うのですから。

ただ、よーく考えてみて下さい。

大きなリターンを狙いに行くということは、損失も大きくなる可能性を秘めています。

ハイリスクハイリターンのファンドが多いのがアクティブファンドの特徴です。


ギャンブルが大好きな方はアクティブファンドを好むでしょう。笑

つづいてインデックスファンド」です。

投資対象の値動きに連動することを目指す投資信託のことです。

例えば、日経平均株価(日経225)やTOPIX(東証株価指数)といった株価指数(インデックス)がありますが、そのようなインデックスに連動したファンドです。

もっと分かりやすく説明します。

アクティブファンドは、例えば上場企業の中から10社を厳選して投資したりするのですが
インデックスファンドはどの株価が上がるか下がるか分からないので、いっそのこと上場企業の全ての株を買っちゃいましょう。というファンドです。

すると、先ほどのアクティブファンドはハイリスクハイリターンの商品であることの意味に気づきます。

厳選した10社の株価があがればググッと成績は良くなりますが、下がるときにググッと下がります。この10社のみに依存するからです。

一方インデックスファンドは全ての企業の株を購入するので、上がるときは少し上がりますが、下がるときも少しか下がらない。といった動きになります。

まとめると

インデックスファンドは

リターンはほどほどで良いから、出来るだけ損したくない。私はビビりだ。

という方に向いているファンドになります。



アクティブファンドを否定するつもりはありません。

インデックスファンドに慣れると、アクティブファンドが欲しくなる日が必ず来るからです。

それにアクティブファンドの方がジェットコースター面白い。はず。笑

基本的な投資はインデックスファンドで開始をして、1年ほど試した後に少しアクティブファンドを加えていく事も良いでしょう。


手数料もアクティブファンドよりも低いファンドが一般的です。

手数料は必ず購入手数料が0(ノーロードといいます)

信託報酬(ファンド保有中に発生する手数料)は1%以下

のファンドを必ず選択して下さい。


それ以上の手数料を徴収するインデックスファンドは、メリットが殆どありませんのでお勧めしません。

インデックスファンドは元本保証も無いので損失の可能性があります。

貯めておくお金と増やすお金を分けて、余裕資金で資産運用をしましょう!

インデックスファンド ノーロード の2つのキーワードで検索すると

優良のファンドを見つけることが出来ると思います。


---------------------------------------------
人気の資産運用のブログが読めます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
22 : 58 : 03 | ★★[おすすめの投資方法] | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
「何から投資していいか迷っている初心者の方へ」
2014 / 01 / 18 ( Sat )
「何から投資していいか迷っている初心者の方へ」

投資を未経験の方が思うこと

何から始めたら良いのか?

結局何買えば良いのか?

大損はしたくない。


実際私も最初はそう思いました。

本も読みましたしセミナーも行きました。

とにかく投資をやってみたいのであれば、次の方法で基本を押さえた投資が可能です。

もちろん投資なので評価額が上がることもあれば下がることもあるので

一気に大金を投入しないで積立で少しづつ始めることだけは忘れないで下さい。


では投資をするために何をしなければならないか、早速やってみましょう。

「ネット証券会社で口座開設」

まず最初にしなければならいことは

ネット証券会社で口座開設をします。

銀行に口座開設をするのと同様に簡単にできますので安心して下さい。

SBI証券、マネックス証券、楽天証券、カブドットコム証券などなど大手であればどこでも良いです。

ネット証券は手数料が安くスピーディーに投資をすることが可能です。

銀行の窓口や証券会社の窓口は対応が遅く手数料なども高いのでお勧めしません。

ただし証券会社によって取り扱うファンドが多少異なりますので、証券会社の口座開設前に購入したいファンドが決まっているようであれば、開設予定の証券会社がそのファンドを取り扱いをしているか確認しましょう。

特に決まっていないようであれば、先ほどの4社はどれでも大差はありません。

使いやすそうなところで大丈夫です。

「投資の基本5点を知る」

以下の5点を満たせばしっかりとした投資が可能です。

・インデックスファンド (日経225やTOPIXやダウの指数に連動したファンド)
・長期 (まずは3年から5年を目指しましょう0
・分散 (株式・債券など)
・積立 (毎月口座から自動的に引き落としが可能なファンド)
・ローコスト(購入手数料0 信託報酬1%以下)


どれか1点でも欠けると、ダメです。

全部満たすファンドを買いましょう。

じゃあ何を買いましょうか。

「どのファンドを購入するのか」

先ほどの5点を満たすファンドは実はありそうで多くありませんが

おすすめの商品は以下です。

三井住友トラスト・アセットマネジメントのSMTインデックスシリーズ。
http://www.smtam.jp/special/smt_index/

この2パターンで全世界の株式に分散投資が可能です。

SMT グローバル株式インデックス・オープン
SMT TOPIXインデックス・オープン

リスクを抑えたい方は上記に加えてこの債券に投資するファンドも2つも加えます。

SMT 国内債券インデックス・オープン
SMT グローバル債券インデックス・オープン

株式と債券を組み合わせることで、バランスの取れた分散投資が行えます。

配分はそれぞれ5,000円づつでも、10,000円づつでも構いません。

十分基本を押さえた素晴らしい投資生活が可能です。

他にもおすすめのファンドがあります。

eMAXIS(イーマクシス)
http://emaxis.muam.jp/index.html

三菱UFJ投信がネット投資家のみなさまにお届けするインデックスファンド・シリーズです。

先ほどのSMTシリーズと同様に幾つか組み合わせても良いですが
1本で様々な分散投資をしたいなら、これだけ買って下さい。

eMAXIS バランス(8資産均等型)

このファンドは
日本を含む世界各国の株式、公社債および不動産投資信託証券市場の値動きに連動する投資成果をめざします。

最後にご紹介するのは、直販ファンドです。

通常はファンドの販売会社と運用会社が異なりますので、実際に投資家から収集したお金を誰がどのように運用しているのか分かりません。

つまり投資家からすると誰が自分お金を運用しているのか分からないため、実感しないのです。

ですが直販ファンドは販売会社と運用会社が一緒の為、誰が運用しているのか顔が見えることが特徴です。

お客様と対面で情報交換することが出来ることが一番の特徴だと思います。


特におすすめはセゾン投信の

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
http://www.saison-am.co.jp/

バンガードの8本のインデックスファンドに投資することで世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資できます。販売手数料無料。同種のバランスファンドでは最低水準の信託報酬を実現。

繰り返しになりますが、仮に手元に100万円があっても、一気に投入する事はおすすめしません。毎月積み立てて投資しましょう。

毎月3万円を貯金している方なら、次からは

貯金15,000円
投資15,000円

に分けて、数ヶ月に一度評価を確認してみて下さい。

上がってても、下がってても、放置しておいても良いです。

売りたくなったら売って下さい。

でも、時間を掛けることでリスクも小さくなりますので

投資は5年から10年間またはそれ以上やると面白い結果になってくると思います。

ご紹介させて頂いたファンドは私も購入しております。

本当はファンドの内容を理解してから投資することをお勧めしますが

今回ご紹介したファンドはどれも素晴らしいファンドです。

とにかく早くやってみたい方は、まずはやってみることも大事ですよ!

本ブログに記載されている情報からあなたの損失あった場合でも著者にて責任を負えませんのであしからず。

あせらず、ゆっくり、ちゃくじつに まったりと資産運用することをお勧めします。

---------------------------------------------
人気の資産運用のブログが読めます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
00 : 43 : 20 | ★★[おすすめの投資方法] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム |